銀の道

ginway.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 20日

光市事件が結審

長い裁判が、今日終わった。

私はこの事件が起こった日の事を覚えている。
犯人は非人間、許せない、許してはいけないと思った。

本村洋さんの、あの当時、鋭く強いまなざしをハッキリ覚えている。

ここまで、被害者家族よりも加害者に配慮した報道など「なんで?!」と思うことの方が多かった。
ずっと心の中で本村さんを応援してきた。


>>。「僕1人の命では、亡くなった2人の命を償えない。未来を取り戻すことはできない」
 (毎日新聞ネット記事より引用)
加害者の言葉だそうだ。

私はそうは思わない。
命をもって償わなければならない罪もある、と思う。
絶望する時間もなく、暴力で未来を絶たれた人をどう考えるのか?


本村さんの思いは誰も分からない。

支えになったのは、在りし日の弥生さんと夕夏ちゃんの笑顔だろう。



苦しみ抜いたであろう13年。貫いた13年。

少しずつ氷が溶けるように、春が訪れてほしい。
[PR]

by yumita6 | 2012-02-20 21:32 | 銀の月・・・おもうこと


<< 安らかにWhitney      田沢湖Ski >>