銀の道

ginway.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 22日

能登のぐいのみ

旅の好きな友人がいて、能登に行った時にお土産でくれた。

漆。

麻布で形を作ってそれに漆をかけている。

鬼平良一さん、が作者。
伝統工芸で有名な人だと、後で知った。

あとで、ぐい飲みを集めはじめるきっかけになった。

どんな酒でもOK。美味しく心豊に飲める。
こんなぐい飲みはそうない。

陶器のぐいのみがほとんどの今、本当に貴重な輝きを放っている。e0007955_21122336.jpg
[PR]

by yumita6 | 2005-06-22 21:13 | 銀の土・・・やきもの


<< 奥の奥の奥飛騨      桜 >>