カテゴリ:銀の水・・・本日の酒( 221 )


2014年 06月 25日

蒼斗七星


島根の酒。初めての酒銘柄です。
蒼斗七星・特別純米65
e0007955_21144437.jpg


島根県は日本酒王国のひとつだ。
しばらく飲んでいなかった私も、新しい銘柄には弱いです。

ボトルのイメージとは違って、(さわやかながらもそれだけではない)ギュッと旨みが感じられる。
いい意味で予想を裏切られて嬉しい。

蒼斗とは蔵の名前。青砥酒造の事だけれど、七星は輝く星か。
おりがさわやかさを増しています。夏にピッタリ!

ぐい飲みは、これしかない!自分の持っている中で、この酒には何度選んでもこれでした。

笠間・柳鳳窯の柳橋さんのぐい飲み。
笠間に通い始めたころに買いました。10年以上も前です。
表面の模様は象嵌?だそうです。まったく違う何かが埋まっている。

おいしい酒をもっともっとおいしくしてくれます。

毎日、幸せですね。
[PR]

by yumita6 | 2014-06-25 21:44 | 銀の水・・・本日の酒
2014年 05月 30日

越乃白銀

友人からの頂き物です。
越乃白銀(新潟県)、初めて飲みました。新潟の酒も久しぶり。
e0007955_2265720.jpg

吟醸酒を毎日の晩酌で!という希望で造られた限定酒だそうです。

吟醸酒クラスで1升で2000円という超嬉しいコストパフォーマンス。
地元の方、うらやましいですね。

本当の「いい酒」日常酒とは、こういう酒ですよね。
1升3000円を超える酒は…毎日は飲めませんよ。

ぐい飲みは、今年の笠間ひまつり「マイ猪口倶楽部」で買ったものです。
羽石修二さんの、薄く青味ががった灰色で大ぶりのぐい飲み。

越乃白銀とピッタリのイメージでしょ(^.^)

☆☆☆ でももっと・・・ ☆☆☆
[PR]

by yumita6 | 2014-05-30 22:24 | 銀の水・・・本日の酒
2014年 05月 01日

人間ドックと酔鯨

最近、日本酒の事を書かなくなった。
・・・と言ってももちろん飲んでない訳ではなく(^.^)、相変わらず毎日定量をいただいているのですが。

酒の印象を伝えることは難しい。
私の感性では「キレがいい!」とか「濃い!」とか「美味しい!」とかくらいしか言えないのよね(・・;)

それにプラスして・・・
毎年受けている人間ドック、「γ-GTPがジワジワと上がってきていますよーー」と
先生に言われてちょっと気にしていた。実は(-_-メ)

32(2011年)→48(2012年)→70(2013年)

他の肝臓の数値は全く問題ないんだから、体が悪いということでもなかろう。
休肝日は関係ない、アルコールの総量が問題なのだ。


なーんてね(笑)
勝手な判断をして、毎日少しだけ減らすという妥協値に落ち着きました。

私の場合1升瓶で購入して、4合瓶+4合瓶と残りの2合に分けて、それを毎日2合ずつ5日で飲むという
定量主義をずっと続けてきた。
それを7日で飲むことに変えて行こう(かな)と、努力目標を掲げて・・・
実行したり、しなかったり(爆)。

で、昨日人間ドックでした。

40!になっていました)^o^( バンザーーーイ)^o^(
もちろんドックの前日もしっかり飲んでいたにもかかわらず、ですよ。

ホホホ。
すっかり気分良く帰りました。
e0007955_7392775.jpg

お祝いは豪快に、久しぶりの酔鯨(高知県)・純米吟醸・生酒
何年振りだろ、昔はよく飲んだのですが、酔鯨は最近すっかりご無沙汰だ。

器は湯のみに近い大きさなのですが、私はぐい飲みに使っています。
笠間の田中教克さんのもの。群青色とグレーの2色で表面にはドリルで模様が彫られています。
酔鯨のようなダイナミックさを感じさせる酒にピッタリと選んでみました。

おいしく飲めるのも健康が一番。一番です。
[PR]

by yumita6 | 2014-05-01 07:53 | 銀の水・・・本日の酒
2013年 07月 02日

ひと夏の恋

そんな時代もあったかな。
e0007955_211631100.jpg


「ひと夏の恋」(宮城県)は日本酒の名前です。

そしてこれは一升瓶。
見えないでしょう?(^.^) とてもとても!ワインかなんか飲んでる感じ。


地元では「愛宕の松」の銘柄。「伯楽星」でも有名になった。
これは「ひと夏」限定なのかな。夏向きの酒の位置づけでしょうか、美味しいです。

日本酒には四季がある。夏には夏の酒がある。
1人で飲むのがもったいないくらいのオシャレな酒ですよ・・・(笑)

ぐい飲みは、笠間の柳鳳窯の柳橋さんの。
笠間に通い始めた頃、多分10年以上前に工芸の丘で買いました。
一目ぼれなので、よく覚えています♪

3500円でした。
今でも気持ちは変わらない、お気に入りのぐい飲み。


e0007955_21264818.jpg

象嵌、(?)というらしい。
白い線の装飾、地グレーの部分は釉薬がかかっていない。
中をのぞき込むともっといいです。飲みながら楽しめます。ほぉーー♪

こんなことを楽しみとしながら飲む酒、無限大です。

☆☆☆  ひと夏の恋 ☆☆☆
[PR]

by yumita6 | 2013-07-02 21:37 | 銀の水・・・本日の酒
2013年 06月 12日

夏の酒


しばらく・・・日本酒から遠ざかっていた私ですが。

と言っても1か月ほど、なんですけど(爆)(^.^)
e0007955_2142675.jpg


今日、久しぶりに飲んで、本当に日本酒の素晴らしさに感動しました。

夏の酒です。
何度も飲んでいる山形正宗・夏ノ純米(花火)です。
開けて飲んだ瞬間にリンゴのさわやかな香りが広がります。

やっぱ日本酒だわ!
山形正宗は天童の蔵。大好きな銘柄です。

まだ梅雨のシトシト。
でも日本酒はもう夏)^o^(

さわやかに楽しく。
帰ってこんな酒を飲めるのはシアワセ。

ラベルの「蚊取りブタ」が可愛い♪♪ やってくれますね!
[PR]

by yumita6 | 2013-06-12 21:12 | 銀の水・・・本日の酒
2013年 05月 25日

三ツ峠へ

山に行くようになって、山梨県河口湖方面を目指すことも多くなった。
その途中に一度見たら忘れられないような山の姿があって、それは「三ツ峠」だと覚えていたんだけど、
ついにその山に登ることができました!
e0007955_1018251.jpg

ねー(^^)!ボコボコボコと3つある。
左から木無山、開運山(三つ峠山)1785m、御巣鷹山です。(・・・たぶん(・.・;))

5月18日、快晴)^o^(美しい富士山も期待出来そうです。
三つ峠駅~山頂~天上山~河口湖カチカチ山ロープウェイ~河口湖駅の15km。

駅を8:30出発。新しい靴はぴったり軽くて靴下で歩いているような感じ♪
登り4時間、下りは2時間の予定です。イチオウ。

「股のぞき」スポットでは、最高の富士山が出迎えてくれました。
e0007955_10294625.jpg

冠雪の富士はやっぱりいいなあ。
すそ野は河口湖あたり?街並みまでしっかり見えました。

でもまだ初心者の私、何度山に登ってもやっぱり徐々にバテてきて・・・
・・・馬返し、八十八大師を過ぎたころから相当キツくなりました。
e0007955_1329275.jpg

こんな感じ。

そして3時間半でようやく、ようやく着きました!
逆光で「三つ峠」の文字が見えませんが、ここが三ツ峠・開運山です!

e0007955_13303275.jpg

あーーー!やったーーー!
人目もはばからず叫んじゃいますよ。
着いた途端に疲れは忘れました(笑)

快晴、南アルプス(と教えてもらいました)がクッキリ見えます。
山はいいな、やっぱり。感動です。
頑張った自分の身体にもありがとう。
e0007955_13352475.jpg


標高差1100m、上に上に登りました。
登りがきつかった分、帰りは楽ちん。
なだらかな下り道、木無山から天上山へ降りて行きます。

富士山はこのあたりが一番きれいに見えたような気がしました。
e0007955_13411175.jpg


三つ峠は記憶に残る山、本当にいい山でした。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

頂上直下からロッククライミングで登る人達も!
ショートカット、最短です(^^)

e0007955_13544113.jpg


☆☆☆ 余談ですが ☆☆☆
[PR]

by yumita6 | 2013-05-25 14:00 | 銀の水・・・本日の酒
2013年 01月 26日

陸奥八仙あらばしり

あらばしり

・あらばしり
最初に出てくるお酒は薄く濁っていて、これを「あらばしり」といいます。
「あらばしり」はワイルドな味ですが、そのぶん、香り華やかで
フレッシュ感のある味わいを楽しめます。
日本名門酒会・お酒の用語 より引用)

e0007955_13291039.jpg

日本酒を飲み始めた最初のころは、濁っているのは最後に沈んでいる所だと思い込んでいたが、
それは大きな間違いで・・・!(/_;)

一番フレッシュなところ、なのですね。

陸奥八仙 吟醸あらばしり無濾過生原酒(青森県)

いいですねー
いくらでも行けそうですが(笑)危ないアブナイ。

写真は1升瓶ですが、4合瓶×2本に移し、残りは開けたその日に飲みます。
e0007955_13342596.jpg

だから、片口とぐい飲みに入っているこの量で2合弱。

うす濁りな感じが分かります。
片口は、ブログでもお世話になっているsannougamaさんのもの。
我が家で一番使っている片口、どんな酒を入れてもイメージが合ってしまう。

ちょっと華やかな感じのぐい飲みは、笠間の柳橋修二さん。
彩泥というのだろうか、金色が入っているので黒くても軽やか。

八仙は大好きな酒です。
今年も毎日あれこれ悩みながら飲んでいくのが、一日の楽しみ♪なのかも。
[PR]

by yumita6 | 2013-01-26 13:54 | 銀の水・・・本日の酒
2013年 01月 06日

新年・豊盃

お正月と言えばやっぱり日本酒。

最近日本酒のことはあまり書かなくなりましたが、しっかりキッチリ飲んでおります。
ただ新年だからと言っても特別ではなく、いつもと同じように好きな日本酒を飲みます。

豊盃は青森県の酒。
人気の酒です。私も大好きです。
e0007955_12412345.jpg


豊盃の性格からして「豪快に!」行きたいところですが、
新年らしくちょっと改まって杯を選んでみました。

益子・小川博久さんの高杯。
一升瓶の前に置いても負けてないと思いませんか?(笑)

さあて、今年もマイペースで行きます。
[PR]

by yumita6 | 2013-01-06 12:53 | 銀の水・・・本日の酒
2012年 11月 30日

菊泉川

菊泉川・吟醸
 (自分の過去記事にTB)

久々に日本酒の記事。
もちろん欠かさず飲んでいるのですが(^^)、書くのは4か月振りでしょうか。

e0007955_419583.jpg

菊泉川。
福島県・会津坂下町「廣木酒造」さんの地元酒。
この酒については何もいう事がなく、ただただ満足して飲んでいます。

価格は過去に何度か言っているように1800円台であり、おそらくその倍の値段がついたとしても
みんな満足して飲むのではないか?と私は思っている。

いくつかの果実の香と味がする。
マスカット?梨?りんご?バナナ?(*^_^*)
オマケのように貼られている吟醸ラベルは、地元の方には関係ないね。
あってもなくてもいい・・・味は変わらない。

こんな酒を飲んでいると、あれこれ他の酒を探して飲むのが面倒になってくる。
ずっとこの酒でいいじゃない!!と思わせてくれる。
飲むたびに強く思う。

地元の人は幸福だ。
「飛露喜」はなかなか手が届かない所に行ってしまったが、泉川は変わらずそこにある。

ぐい飲みは、笠間の田山健司さんのもの。
震災の年のひまつりで買いました。お気に入りです。
吟醸酒だけど日常酒、こんなダイナミックなイメージなので。
[PR]

by yumita6 | 2012-11-30 04:39 | 銀の水・・・本日の酒
2012年 08月 03日

母ちゃんのグラス

すてきなささなみ
(2006年3月 過去記事にTB)

夏の酒です。
琵琶のささ浪・純米(埼玉県)。
写真ではよく分かりませんが、瓶はキレイなブルーで涼しげです。お気に入りです。
e0007955_1934383.jpg


ちょっと黄いろで豊かな甘みがあります。でもすっきり、クイクイ行けます。
夏は夏らしく、こんな酒が最適!

グラスは、亡き母ちゃんが、1人でアクアラインツアーに行った時に買ってきてくれたものです。
私の宝物になっています。

私は子供の頃から青い色が好きで、ピンクや赤い服はほとんど着なかった。
少しは赤い色を着なさい!とうるさく言われた。

お土産に買ってきてくれたのは、この青いトンボのグラスだった。
「好きな色やろ?」って(^.^)

グラスの中で、トンボの親子が飛んでいます。

母ちゃん、私ももうちょっと一緒に飛んでいたかったよ・・・


母ちゃんに乾杯!ヽ(^o^)
[PR]

by yumita6 | 2012-08-03 19:51 | 銀の水・・・本日の酒