<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 30日

GreenDay

1日遅れで「みどりの日」だなー
と思ったら・・・

今年からは4月29日は「昭和の日」となるのだそうだ。
そしてみどりの日は5月4日へ。


今日はやっと休日。
買い物の日!と決めてお店をぶらぶらしてしていると
お店の企画「GreenDay」にちなん
緑色のものはすべて10%OFF
エスニックなお店を発見!


e0007955_1656142.jpg

緑色が大好きな私は早速!


今まで買わないようなデザインだなぁ。
似合うかどうか心配。

。。。「女の子!」って感じで(爆)

[PR]

by yumita6 | 2007-04-30 17:02 | 銀の月・・・おもうこと
2007年 04月 29日

お詫びは相手に向かって

GWの最中、思い出したので書いちゃいます。

安倍首相訪米/慰安婦問題で「同情とおわび]

憲法記念日を控えて。
先日の紙面で、安倍さんが米大統領におわびをしたと1面で報道された。

え!ーー?┓(´_`)┏

ブッシュに向かって誰にお詫びをするのかと思う。
方向が違うんじゃないの?

本当にそう思っているんですか?>安倍さん
ホントのホント?
すべての言葉が宙に浮いている。

その言葉を信実向けてあげられたら、少しは雪解けする
きっかけにはなったのにと。思ってももう。

遅いわい。
[PR]

by yumita6 | 2007-04-29 21:58 | 銀の月・・・おもうこと
2007年 04月 28日

GWが始まった・・・ようです

もしかしてGW?
全くそんな気がしない(・・;)
今日も出勤、明日も出勤、あさっても・・・?

あーーあ!

自分の本業にはほとんど手をつけられない。
なんてことだ~
今までの人生で一番忙しい日々かも。



昨日の飲み会で飲みすぎたらしく(笑)今日は絶不調
なのに仕事はぎっちり。
目の奥がボワーンとして胃がキリキリします。

ひどい姿だね。
鏡を見てギョっとした(爆)

前半になんとかカタチをつけて、後半は心置きなく休みたい。
5月3日からは笠間ひまつりに行きたい!
[PR]

by yumita6 | 2007-04-28 23:19 | 銀の月・・・おもうこと
2007年 04月 25日

篠峯

「うまい!」という噂を聞き買いました。
初めての酒です。

篠峯 生もと純米 原酒

奈良県。千代酒造さん。

e0007955_2215756.jpg

ごっつい山廃、色は少し黄味ががって美しいです。
美味しいです。山廃は最近は好きです。

山廃は、
日本酒初心者のころには
美味しいと思うことは無かったけど、
どんどん経験していくうちに
美味しいと思うようになってきます。

10年前に、
私の友人から言われた事がやっと分かってきました。
最初は端麗辛口から始まって
・・・端麗甘口・・・濃醇甘口・・・
それから山廃、クセのあるものへと・・・

ああ、それを知るまで10年かかったんだなー!





最近、日本酒では全く「×」という酒は少なくなってきました。
消費者の好みにある程度合わせられる造り方ができるようになってきた・・・
マイナスの意味では「個性のある酒」が減ってきている
・・・何を飲んでも美味しい!

いいけどね。

というのではなく、
「わーーー!何だこの酒!・・でも脳と記憶に残る」
ような酒が出たらいいのかも。
と思います。ですねえ。
[PR]

by yumita6 | 2007-04-25 22:39 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 04月 23日

ふきのとう

いただきもののふきのとう。
先週末にいただいて冷蔵庫に置いていたので、ちょっと開きかげん。


e0007955_23325350.jpg

実はふきのとうを料理するのは初めて!
手をつけられないでいました。
子供の頃は全く目にしたことも
食べたこともなかったし。
天ぷらなど大好きで
外ではたくさん食べているのだけれど。








ネットでレシピを見て記憶、早速開始~
揚げ物をしない我が家なので、
ざっと茹でて冷水でアクをとって、
細かく刻んで油で炒めて・・・
お砂糖とお醤油とお味噌でザザっっと。

e0007955_23364095.jpg

いいのかなーこれで。
ほんの5分くらいですが。
でもまあまあ第1回としては合格!
ほろ苦くていい感じに仕上がりました。

あんなにあった量がこの小さな器に納まりました。
笠間の南部漸さんの小鉢へ。
[PR]

by yumita6 | 2007-04-23 23:42 | 銀の月・・・おもうこと
2007年 04月 22日

笠間「ひまつり」はすぐそこ

毎年楽しみにしている、笠間のひまつりの案内をいただいた。

e0007955_14193438.jpg

4/29~5/5まで、笠間工芸の丘で200あまりの陶芸家が
いっせいに個性的なテントを並べる。
笠間の一大イベントで、
作家さん自身もこの年に一度のお祭りを楽しんでいるようだ。

今年は上田正樹コンサートが企画されている。
それも無料で!
やるなぁ・・・市民のおまつりって感じがする。

私もGW後半に行くつもり。
この時期毎年作家さんたちに再開できるのも楽しみです。

夜のイベントに参加するのは初めてだからワクワク。
芝生のコンサート、火とやきもの、夕食は会場で調達だネ。
[PR]

by yumita6 | 2007-04-22 14:34 | 銀の土・・・やきもの
2007年 04月 17日

だいじろう

ブランニューです。


e0007955_21365422.jpg








































滋賀県・畑酒造さんの
酒。

滋賀県と言えが琵琶湖を思い浮かべる方が多い中、
結構日本酒では知る人ぞ知る県なのですよ。

これは酒屋さんのオススメで買ったのですが、
後に「danchu」で掲載されていたという・・・・

大治郎・純米・うすにごり生

私が日常酒にするので2500円以下の美味しい酒です。
うすにごりなので色も楽しめていいです。
プチプチ、フレッシュ。生はいきがいい!

あっという間に飲んでしまって跡形もありません(爆)

記憶は残っていますが、
しっかり残すためにはあと3本は飲まなければ。

この名前。
もし「だいじろう」さんがいらっしゃったらストレートですが、
なぜこの名前にしたのかは?HPを見てね。
[PR]

by yumita6 | 2007-04-17 21:39 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 04月 16日

宝剣

ごついイメージの名前です。
広島県呉市・宝剣酒造
ラベルだって質実剛健、インパクトあります。

e0007955_22323474.jpg









































が・・最初に飲んだときのイメージは・・・
「マンゴー」・・?
分からないけど南の果物の香と味。

宝剣・超辛口・ 限定純米生

超辛と銘があるけど飲んでみると「辛」なんて思いません。
ほんわか甘い夢心地です。

これを買って後に偶然「danchu」に掲載されていることを知りました。
味があってキレがある。深みもあります。
良い酒です。
美味しい、悩殺されます、しかしヤワでないです。

若き蔵の主人が造った酒。
歴史は歴史として、新しいステージへ。

値段だってありがとう!といいたくなるような。
また買いたい!
と。。。。思わせる酒が良い酒。
結論です。
[PR]

by yumita6 | 2007-04-16 22:46 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 04月 15日

ニューサンマ

e0007955_16305955.jpg



全国的にはニューサマーオレンジと呼ばれている。
私の生まれたところでは、ナマって?略して「ニューサンマ」と
言っているけれど、れっきとした果物です(^^;。

今の時期、ほんの少しの期間しか収穫できない。
出始めたというので母が送ってくれました。

オレンジでもミカンでもない、皮はレモンのような黄色でツヤがある。

食べ方は独特で、リンゴのように皮をクルクルとむき、
(境界は無視して)果肉をそいで食べる。
その際に重要なのは、白い皮を残してむくこと。
皮は少しもエグくなくやわらかくて、果肉と一緒に食べると風味を増します♪

e0007955_16315532.jpg


子供の頃から一杯食べてきたけど、このニューサマンマだけは飽きない。
(・・・ミカンはさすがにだんだん飽きてきました(笑))

甘酸っぱいこの味、休日のちょっとした幸福。
器は笠間ひまつりで買った渡部佳文さんの片口。
[PR]

by yumita6 | 2007-04-15 16:37 | 銀の星・・・大切なもの
2007年 04月 14日

金継ぎ

金継ぎというものを初めてしてみました。

       ↓ これが出来上がり♪

e0007955_1611146.jpg



そもそもは・・・

台所でお皿の上に
キッチンハサミを
ほぼ垂直に落としてしまった(´ヘ`;)






気に入っていただけにショックで、
諦めて捨てなきゃ(泣)と思いながら
その決心もつかずに数日間そのままにしていた。

e0007955_16253713.jpg



で、ある日そんな事も忘れて何気なくukkyさんのサイトを開くと、
リンクに「金継ぎ」とある。

お!そうだーそうだよ、これがあった!

一応色々調べたが、結局はそこで紹介されていた
NPO古仏修復工房」も主宰されている方にお願いすることにした。
代表は飯泉太子宗(いいずみとしたか)さんと言って
まるでこの仕事のために生まれてきたような(^^;
ピッタリのお名前の方である。

それから調べた中では料金もとっても良心的に思えた。
私の皿は割れた片が二つで、写真を添付してメールでお願いすると、
見積りは金継ぎで8000円と連絡が来た。

本業は仏像を修理するという、器以上にデリケートな仕事をされている。
それも無料で!
国宝や重要文化財の修理スタッフとしての
経歴があり、技術的にも間違いなく信頼がおける。

本拠地は茨城県真壁町なので、この笠間で買った器とも
なにかのご縁があるのだと思うことにした。

1ヵ月ほどあずけました。

それで今週送られてきたものが・・・

e0007955_16292351.jpg


なんということでしょう!(どこかの番組のセリフ)

単に割れた皿が元通りになったというレベルではない気がします。
継いだラインに品があり、全体に引き締まった感じもします。
(裏だって表以上にいいんです)

うーーん・・「良かった、本当に良かったね~!」

思わずつぶやいてしまいました。
120%満足です。

もともと気に入ったものは手入れするか修理してでも長く使いたい私。
それにピッタリの金継ぎ。
自分の価値感で決めました。
この皿がいくらだったかは関係ない。

この皿はTOPページの「顔」の作者と同じ。
こうなったら長く長く大切に使います。
活き活きと生き返らせてくださった飯泉さんに感謝。
[PR]

by yumita6 | 2007-04-14 17:23 | 銀の土・・・やきもの