<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 29日

きき酒師というもの

日本酒に目覚めて12年ほどたちます。

日本酒の美味しさと奥深さに、キョウミシンシンとなって
怒涛のごとく飲んでいた時期があり、まぁ・・・よく失敗もしました(^^;

それでもとにかく魅力が尽きないので、今に至っていますが・・・
中間地点で「きき酒師」の資格に挑戦したい気持ちも芽生えたのですが、
まだとことん飲むことが「修行」(爆)と考え。

今になって、日本酒のことを「果たしてどれくらい分かっているんだろう?」と
客観的に知りたくなり、きき酒師の呼称資格認定試験を受けてみることにしました。

思い立ったのが7月、その月末に講習があり、8月末に試験。
自分の性格から短期決戦でないと身が持たないと知っているので(笑)
幸い?酷暑の夏でしたよ、。
1ヶ月間週末の半日を、エアコン全開で過去問題集に費やし。
(夕方でオワリ、夜は勉強しないのがポリシー(⌒‐⌒))

e0007955_2345991.jpg


自分が飲んできたことのランドマークというか。
一応無事に合格できました!






10年という月日はダテではなく、官能試験と料理との相性については
ほとんど考えることなく本能的に回答できた。
筆記試験も集中的にテキストと過去問題集を勉強すれば、
たぶんOKの範囲。

焦ったことは、時間配分。
1時間を1時間半と思い込み、
2種類の官能試験の回答で、1つに45分もかけてしまったこと。
「あと15分です」の言葉に焦ったあせった(;^_^A---

あと、サービスの実技も今年から。
ホストとゲストにサービス(注ぎわけ)して、
想定した料理と日本酒の組み合わせ、相性、場面を回答します。
これが緊張度大!

心臓バクバクだったけど、
一応合格できたので良い思い出として忘れます(笑)


日本酒の歴史、製造、きき酒師のありかた、本当に勉強になった。
今まで耳学問で、分かったつもりになっていたことがスッキリした。
1ヶ月間集中して(週末だけでも)勉強できたこと、
ちょっとしんどかったけど振り返ると新鮮でもあったかな。


きき酒師とは
日本酒の銘柄を言い当てる人の事ではない。
日本酒を正しく理解し、親愛をこめて提供提案できる人の事だ。



今後もその精神で、常に自分を磨いていかなければ。

・・・と言うことは

今後も飲み続けなければ!

イエ、利き酒師の感性を磨くためですからネ。!

[PR]

by yumita6 | 2007-09-29 00:13 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 09月 26日

かわいがって殺す・・・

時津風親方「通常のけいこ」で

相撲の世界では「かわいがる」と言うらしい。
心身ともに鍛えることが目的のようです。

どこの世界でもある程度、育成のための「圧力」は必要だと
私は思っている。
体罰だってもちろん、時と場合には必要だと。

サラリーマンだってね、
精神的肉体的には同じような力を毎日加えられていると言える。

だけど、今回の事件は完全に「殺人」だ。
未必だとしても、親方がビール瓶で頭を殴るとは尋常ではない。
「通常のけいこ」として容認できるか?

親方だって例外ではない。
相撲協会だから、国技だからって、遠慮している場合ではない。


・・・これだから日本の相撲が敬遠される。

もう誰も入門しないよ。
変わらなきゃ!相撲界!
[PR]

by yumita6 | 2007-09-26 21:33 | 銀の月・・・おもうこと
2007年 09月 25日

日本伝統工芸展へ

土曜日は朝一番で日本橋三越へ。

・・・と思っていたのですがが、
11時になってしまったので寄り道。

e0007955_21165214.jpg

「たいめいけん」
昭和6年創業の洋食屋さん。

いつか一度行きたいと思っていたので、
まずは腹ごしらえ。
11時の開店と同時にほぼ満席になる。














たんぽぽオムレツは
ハムライスの上にオムレツが乗っていて、

e0007955_21171358.jpg
























それを開くと
黄色一食のたんぽぽに!

e0007955_211754100.jpg























驚きなのはサイドメニューの
「ボルシチ」と「コールスロー」が各50円!
両方ともボリュームたっぷり、必ず注文しましょう。

・・・で。さて。伝統工芸展です


e0007955_21265327.jpg













毎年の楽しみでもありますが、
今回はブログでお話させていただいている方々の作品を!

じっくり拝見して
「ムフフフ・・」と心の中で満足しておりました。

お人柄と作品が一つになった時間でした。

この展示会は密度が濃く、いくら時間があっても足りません。
しっかり見ていくと、こちらもエネルギーを吸い取られてしまいそうです。
それだけ作品に「力」があるということなのでしょう。

毎年毎年、息を詰めるような制作をしつづけている、
眼に見えない迫力がこちらにも伝わってきます。

どの作品も、真剣勝負。
[PR]

by yumita6 | 2007-09-25 22:42 | 銀の土・・・やきもの
2007年 09月 21日

なぜ!?弁護士が泣く?

光母子殺害事件差し戻し控訴審

出勤前にTVを見ていて、不思議な・・・というか異様な場面に出くわした。
この裁判の弁護士団の1人が、泣いていたのだ。

号泣。
「この裁判の弁護ほど胸を張って弁護できたことは今までありませんでした」


はぁ?(?_?)


一体ナンに対して泣いているのだろう?
自分が悔いの無い戦いをしてきたという達成感か?

呆れました。
マラソンで完走したときのような高揚感なのか。
あなたがどこでどう胸を張ったか知らないが、
そんなこと関係ないのだよ。
どうか誰も知らない世界で胸を張って、
思い切り泣いていてください。

何か勘違いしてませんか?
ある意味この弁護(団)の負けを象徴している風景だけれど、
その泣いた意味、違和感、
この裁判が持つもう一つの側面(死刑廃止論)を
この弁護士が洗い出したのだ。



被告人は検察官に自分を「なめないでいただきたい」と言ったと。
その言葉の意味する所が分かっているのだろうか?
分かっちゃいないね。
それが自分のすべてを露呈してしまうことを。

こんな被告人のために8年間を費やしてしまった。

本村さん、被害者家族のみなさんが一日も早く心休まる時が来ますよう、
心から望みます。
[PR]

by yumita6 | 2007-09-21 23:27 | 銀の月・・・おもうこと
2007年 09月 20日

信濃鶴・日常酒を越えた純米酒

信濃鶴・純米酒

e0007955_2254170.jpg

この酒は初めてです。
私の好きな長野県駒ヶ根市にこんな酒があったとは・・・

純米酒であり2000円以下の価格。
これだけでも納得なのに、
味わいは吟醸酒を彷彿とさせる。
これがこの値段でいのか!





「酒造株式会社長生社」

蔵の専務であり杜氏である岳志さんが
信濃鶴に対する思いを綴っています。

信濃鶴というローカルな名前。
純米に命をかけ「100%純米蔵宣言」をされたと書いてある。
地元の人にこそ美味い酒を飲んでほしいという願い。
それも「地」に根付いた蔵だからこそ。
応援できるますね♪

もともと地酒というのは地元の酒、その地の風土、その地の食べ物、
その地の人々で飲むのが一番相性がいいのだ。


これは本当にいい酒。
日常酒としては、私が今まで飲んだなかでもベストに入る。
特別純米も冷蔵庫に横になっているので、次はこれも楽しみ!


余談ですが。
私は長野県駒ヶ根に対して特別な思いを持っている。
昔、旅で訪れた時の気持ちが、私の原点になっているような気がしている。

これは数年前。再訪できたときのもの。

e0007955_2341731.jpg
[PR]

by yumita6 | 2007-09-20 23:05 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 09月 17日

柔道世界選手権で棟田が金!

やっぱり間違いなくやってくれた。

おめでとう!

棟田康幸が世界選手権で「金」!

実力は世界最高峰と言われながら、
五輪選考には今まで恵まれなかった。

今回(??)の判定が続いた男子柔道のなかで
文句無くNIPPONに光を与えてくれた。

あの体にしてあの柔軟さ。
100kg超の体重で、
投げられてもスックと立ってかわす。
全く危なげない試合運び。

過去の選考、その無念を少しは知っていたから
今回は拍手拍手。

おめでとう!

アテネ金の鈴木桂治に「約束を果たした」と言わせた男が、
今度はその約束を果たす番になるのか。

うれしい。
殆ど柔道など見ない私でも、久しぶりに涙・・・の夜でした。
[PR]

by yumita6 | 2007-09-17 22:05 | 銀の月・・・おもうこと
2007年 09月 14日

ISARIBI・陸奥八仙

青森県、私の好きな陸奥八仙のシリーズ。
純米無濾過生原酒。

e0007955_22424896.jpg

原酒なのでアルコール度数は18-19度。
いつもと同じペースで飲んでいると、結構ホンワカ(~^^)~

ききます。
ノンベエはそこが嬉しいんだけど!

このラベル、ISARIBIの由来。
烏賊釣り船の灯がはるかかなたに見えるラベルです。
濃紺の夜の水平線にボワーっと灯る光、光。
ローカルな味のラベルにこのセンス!

味もそれ以上に負けてません。
しっかり舌に残る味、甘く辛く濃く立ち上ります。
これはまた飲みたい。
だから、日本酒って楽しい、面白い。
毎年何本も飲んでもそのたびに新鮮。

日本酒は偉大だ~!\(^^\)
[PR]

by yumita6 | 2007-09-14 22:48 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 09月 10日

武道が中学で必修へ?

伝統文化の尊重

先週のニュースがずっと心に引っかかっていた。

「伝統文化の尊重」は悪いことではない・・・・
でも
中学で「武道」必修というのが、なぜか違和感を覚える。
なぜ?

------------------------------------------------

私は創作ダンスというものが大嫌いだった。
イヤでイヤで、その上人前で演じさせられるのが大嫌いだった。
その代わりにできるのなら、柔道だってやりたかった。

という個人的感情は別にしても。

----------------------------------------------------


>> 武道は、柔道と剣道、相撲の3種目が指導要領に明記されているが、
>>なぎなたや弓道なども地域の実情に応じて認めている。

なぎなた?弓道?
そのうえ相撲?(-_-;)

決めた方々は抵抗感がない年齢の方かもしれないが、
実際に科目として授業を受ける生徒はどうなのか?

ダンスという科目が武道の対極のように設定されているのではないか?
武道への抵抗感を少しでもなくするために。
マイナス面ばかり考えてしまうのは、なぜか胡散臭い匂いを感じるからだ。
「武」がどの方向を向いているのかという。

今更、武道が必修だなんて。
決めた方たち(中央教育審議会)はできますか?
選択制ならもっとホントの意味で選択できるようにすべき。
武道だけが必修ってなに。


>>公立中学の半数強では武道場が整備されておらず、授業を実施していない学校も。
>>このため教員の確保や武道場の整備、武具や道着の購入などが今後の課題

だから、ね。
そんなもの、要りません。
どうせ何年もたたないうちに必要なくなる。
[PR]

by yumita6 | 2007-09-10 23:12 | 銀の月・・・おもうこと
2007年 09月 07日

稲生(いなおい)特別純米

鳩正宗」という蔵を今まで知りませんでした。

青森県、十和田市の蔵。
「八甲田おろし」などの酒を造っている、
知りませんでした。。。

e0007955_21585951.jpg

稲生で「いなおい」

飲んだ印象を一言で言えば「スーパードライ」
辛口です。
私は冷で飲むことにしていますので、その冷の印象です。

最初の2合から最後の2合と5日間を飲んだわけですが、
5日目は少し慣れてきて普段の「ドライ」になりました。

ラベルは私が好きなグリーンのラベル。
センスあるものです。









鳩正宗、
地元のこの名前の酒をまず一度飲んでみなければ。
[PR]

by yumita6 | 2007-09-07 22:35 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 09月 05日

「秋」を見にいきました

今日は都内で仕事。
予定と予定の間に1時間時間が空いたので、
思い立って三越まで「秋」を見に行ってみました。

e0007955_21323266.jpg

ブログでお世話になっている
一閑さんの「秋のうつわ」展が
開催されていて、
お葉書をいただいていたので。









昨日4日は一閑さんが会場にいらっしゃるとあり、
今日はもちろんいらっしゃらないと思って
安心(^^;していたのですが・・・

あれぇ?
・・・どこかで見覚えのある後姿が。
(まさか!^-^;)

想定外の出来事にオロオロでしたが、
あわただしくも色々お話ができました。

私は行く前から女郎花のぐい呑みを!と思っていたのですが、
非情にも(笑)「約定済」のラベルが。
当然ですねえ。

でもきっといつかまた出会いがあるでしょう。
その時まで待つことにします。
うん、恋の成就はタイミングが必要なのだ(*^-^*)


「秋のうつわ」たち。
素朴で可憐でそれでいてとてもしっかりと、
そこに秋がありました。

こんな「うつわ」たち、いつも身近にあって使うことができたら
心豊かに毎日「食」や「時間」が過ごせるでしょう。

撫子が印象に残りました。

雨の1日、外はジメジメだったけれど、
三越を出た後は少し清清しくなりました。
[PR]

by yumita6 | 2007-09-05 22:03 | 銀の土・・・やきもの