<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 30日

政権交代

衆議院議員選挙投票日である。

私は23日に期日前投票に行った。
いつもは会社帰りの夜に投票してきたが、今回は午前10時に区役所に行った。
最初並んだときの列は5mほどだったのが、帰る頃には3倍の長さになっていた。
そのときの行列は何かを予感させた・・・

投票に出かけた人は、きっと私と同じ思いを抱いたことだろう。
自分の1票が日本を変えるのだと。

いよいよ。政権交代が実現する。

報道では民主大勝、300議席超えが確実の状況だそうだ。
前回の郵政選挙のはるか上を行く国民のパワーである。

みんな「今を変えたい」のだ。

「変えなければ」と強く思うと、きっといつか「変わる」ことの実感。

なにかが変わる!この夏の終わりに。
[PR]

by yumita6 | 2009-08-30 08:15 | 銀の月・・・おもうこと
2009年 08月 29日

帰省・第6日 同窓会の夜

今回の5年振りの帰省でいろいろと気配りして動いてくれたのが、
松山にいる私の親友である。

中学高校と6年間一緒で、うれしい事も悲しい事も一緒に分かちあってきた。
それぞれの道に進んでからも、時々電話で相談もしたりされたり、
会わなくてもお互いの状況は分かっていたし、彼女の明るさにいつも救われていた。
仕事は看護士、プロの仕事振りや頑張りを聞くと自分も「頑張らなきゃ!」と励まされた。
(いまは毎日ジムに通ってボクササイズに夢中!なんたるパワー)

帰省が決まると、連絡網?を使って最終日に同窓会をセッティングしてくれた。
中学の同級生が10人集まり、空白の時間に何の違和感もなく乾杯( ^^)/\(^^ )して盛り上がる。

「あの時はあの人が好きだった・・・」


なーんて言う事も、今では楽々言えたりするのだ(笑)

みんな自分の人生を生きてきた。
歩いたり走ったり転んだり・・・人生いろいろあるのだ。
自分の道だけでなく、友が歩んできた道も優しく見ることができる年齢になった。

だけど私たちは間違いなく幸せな部類に入るだろう。
集まって話せる友がいて、それぞれに思いやりながら、そして一緒に笑えるんだしー!

この夜は3次会まで(^^;
えらくなった同級生が、行きつけのBARに連れて行ってくれる。
「信長」という驚きのカクテルを飲んでいい気分♪
e0007955_15281250.jpg

持つべきものは同級生だね!
どんな事があっても、みんながいれば大丈夫!
オーーーシ!頑張るドーー!o(^o^)o
[PR]

by yumita6 | 2009-08-29 15:32 | 銀の星・・・大切なもの
2009年 08月 27日

帰省・第6日 道後

しまなみ海道の翌日。
お姉さんのような先生に会う約束をしていた。

先生は私が高校1年の時に、新任教師として赴任された。
だから6歳くらいしか違わない。当時から姉のような存在で、みんなから慕われていた。

あれから・・・ン・・年・・・
また先生とお会いできる事となった。前回の帰省から5年。

e0007955_21174239.jpg

ホテルでひとしきり話したあと、道後温泉へ。
松山は城下町。お城を囲むようにして伊予鉄道の市電網がある。市民の足は「電車」だ。
SLのような坊ちゃん列車が走っていて、のんびりした地方都市を象徴している。
緑あり、歴史も文化もあり、適度に発達していて適度にのんびりしている。
こんな都市に住むのが一番安らぐのかも知れない、とつくづく思った。

先生は変わらず美しくマイペースで過ごしていらっしゃるようだ。
教師を定年前に退職されて、第3の人生を豊かに確実に過ごしている。
仕事では得られない豊かな時間」こんな時間の過ごし方をうらやましく思う。

道後温泉はレトロな温泉街。日本最古の温泉。
ボランティアガイドの方に遭遇して、1時間を貸切で案内していただく。
先生も私も修学旅行に来たみたいだ。
e0007955_21272993.jpg

                     ↑  この写真の看板がかかっているのは正面ではない。
                    (向かって左側のこちら ↓ がホントの正面)
e0007955_21302812.jpg


この後は松山城にいく予定だったが、あまりの暑さに断念。
全日空ホテルでランチして夕方までお話してお別れした。

「今度はうちに泊まってね!枕を並べて話しましょう」と
先生は言った。

必ず。楽しみにしています♪ 
[PR]

by yumita6 | 2009-08-27 21:36 | 銀の火・・・まいブ~ム
2009年 08月 25日

帰省・第5日 恩師

高校時代の英語の先生です。

今回の私の帰省を最も楽しみにしておられたかもしれない。
私の眼を開かせてくださった先生です。

数年前から手紙(手書きです)による交流が続いていて、16日はお会いできる事を本当に楽しみに。。
朝7時に故郷を出発、9時過ぎには先生のお宅の近く「道の駅」に到着。待ち合わせ場所です。
ほどなくして降り立った先生。

高校時代の先生は厳しいお顔だった。
当時県内一と言われた実力で、先生が教えを請う先生だった。
片田舎に赴任され、田舎ののんびり加減にうんざりだったかも(^^;

私を見て、手を打って歓迎してくださった。
涙があふれてきて・・・もう言葉にならない。

先生はずっと前から私を案内することを考えていてくださったらしく
e0007955_21445883.jpg


まず藤堂高虎の築いた今治城へ。
お堀は海に通じていて、堀には海の魚が泳いでいる。珍しい!
管理事務所で、全国のお城が掲載されている「城のしおり」を買ってくださる。

私と先生は高校卒業以来。
でも自分でも驚くほどそれを感じない、私は先生に緊張なく付き添っていた。
先生はあの頃と変わらなく、自分で計画をたてていて、どんどん進んでいかれる。
私は「はい!」と言って寄り添い従うだけだ。

しまなみ海道
今治と尾道を結ぶ海道。
「多々羅羅大橋」はほぼ中間地点にある、世界最大級の斜張橋だ。
近くのSAに車を止めて、その橋を写そうと歩く。
橋まで行く公道?があるのに、先生は道をはずれて、みかん農家がある急坂の私道を下りていく。

「これで全体が見える」


いまは写真が趣味の先生、好奇心一杯!

「先生、みかんの木を入れましょう」
と私。適当な事を言ってあわせる(笑)
e0007955_2263824.jpg

なにを話しても楽しい。
何を言っても心が通じているのを感じる。
先生、ありがとうございます。

私のために1日を割いてくださって、本当に感謝します。

ランチは来島海峡が見えるレストランで。
来島の潮は激しく、そこで採れた鯛は身がしまって美味しい。
もうなにも言う事はない。話さなくても私と先生は通じていると思った。
[PR]

by yumita6 | 2009-08-25 22:11 | 銀の星・・・大切なもの
2009年 08月 23日

帰省・第4日 父と

8月15日は父の誕生日。
せっかくのこの日、父と一日過ごすことに決めていた。

私 「どこに行きたい?」
父 「佐田岬(四国最西端)まで行っちみるか?」
私 「ええねー(^.^)」

ということで朝から父子二人でドライブです。
父も長い間岬には行っていない様子。私も何十年ぶりかで訪れます。
e0007955_8495150.gif
(伊方町HPより引用)
e0007955_846318.jpg

さすがに今日は私も安全運転・・・
細い道も山道もあり「お先にどうぞ」を繰り返す。大事な日に大事な人を乗せているんだからね!

九州との間は豊予海峡。
九州の佐賀関に揚がったアジ・サバは「関アジ」「関サバ」として全国で有名になった。
そちらはお値段も高いのですが、こちらの港にも同じ漁場の魚が揚がります(^o^)

出発から2時間半くらい、三崎漁協の直営店「三崎漁師物語」でお昼とする。
e0007955_925317.jpg

今が旬の赤ウニ♪
このボリュームたっぷりのウニ丼にハマグリのお味噌汁がついて1260円!(*^-^*)
アンビリーバブルでしょう?!
もちろんアジも頼みましたよ、「岬アジ」(はなあじ)と名前がついている。
おススメのはまちも入れてこの1皿で2000円くらい。
何万回?もアジを食べているさすがの父も「うまいのぉ・・」と目を細める。
e0007955_99924.jpg

父とはずっとしゃべりっぱなしだ。
普段それほど話すこともない父と一日話すなんて、もうこんな事はないと思う。
田舎にいると色々な厄介な事もある、その事も聞いてあげられるのがうれしい。

    ※選挙の話
         四国は保守王国、父もずっと自民党を応援してきた。
         今回どこに投票するのかと問うと「自民には入れない!」と即座に答えた。
         田舎のこの父でさえそうなのか・・・今回は山が崩れるのを実感した。

帰りはところどころ車を止めて景色を楽しみながら温泉に行く。
お盆とあってメチャ混みだが、まぁいいでしょう。
風呂上りにビールを飲めないのがツライと言えば辛いけど(笑)

父は10年前に大病で死にかかった。
奇跡的に助かって今は元気そうなのがウソのようだ。
やっぱり親子は気持ちがつながっている。いつまでも元気でいて欲しいものだ。

この一日をとても喜んでくれて「最高の誕生日」と言ってくれた。
ありがとう。私の方こそお礼を言いたい気持ちで一杯だったのに。
[PR]

by yumita6 | 2009-08-23 09:25 | 銀の星・・・大切なもの
2009年 08月 21日

帰省・第3日 朝のミーティング

今日は10時頃から母とお出かけの予定。
その前に帰省中の同級生が会うことになった。

「8時に来れる~??」(;^_^A
「いいともー!」

ということで、海が一望の崎で集合。私はいち早く7:30分に到着。
・・なんでこんな早朝に集まるんやーと言われそうだが、
みんなこの時間には起きてるもんですって(笑)

e0007955_2382712.jpg

私の好きな海が広がる。

これは 銀の道

養殖のいかだが浮かぶ穏やかな湾が朝の光を受けている。
この景色が好きだ。
子供の頃はこんな朝を見たことがなかった。歳とったんだねー、朝のミーティングをするなんて!(^.^;

「あんたら年寄りみたいに何をしよるんぞ!」と笑われた。
いいの、いいの、会えるときに会っておかないとね。

急に電話をかけた友も同級生のダンナ様とともに集合。
「コーヒーの配達に来ました!」と笑わせる。

みんないろいろ生きている。
何もかも呑み込んで生きていけるようになったんだよね。

2時間話して解散。また絶対会おうね!( ^^)/\(^^ )
いい友を持って私は幸福だ。

海は30分ほどで姿を変える。
雲が消え、光を受けた海はこんなにも青い。帰って来てよかった~♪
e0007955_2374191.jpg

[PR]

by yumita6 | 2009-08-21 23:10 | 銀の星・・・大切なもの
2009年 08月 20日

帰省・第二日 恩師に会う

小学校の先生。
私が中学に行っても、同じグラウンドでよく会っていた。
なんとなく飛ぶ事が好きだった私を陸上部に(強制的に?)入れてしまった。

高校を卒業する頃には、私に一人の先輩を紹介してくれた。
その先輩を電撃的に好きになってしまって、いろいろ相談したものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先生は3年前に脳梗塞で倒れたという。
風の便りに聞いていたのだが、超人的なリハビリで歩けるようになったらしい。
今回帰省して電話したら
「来なはいや!!」(是非来なさい)と言ってくれて
2日目の午後に車を走らせて先生のご自宅へ。

せ ん せ い 先生ーー♪

20歳から会っていないのに、どんなに久しぶりでも変わらずに迎えてくれる。
つい先日会ったかのようだ。話は尽きない、尽きない、尽きない。
先生は左手がちょっと不自由だけれど、口は滑らか、記憶力も素晴らしい。
今では、なにもかも話せる。

最後に先生と写真を撮ってお別れした。3時間ぶっ通しでしゃべった!(^-^)
私も少しだけ大人になったのかもしれない。

先生のお陰で、漢字の筆順は◎になった、
「飛」や「必」なんて正しく書けるもの!(^_^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今夜は花火大会。
田舎では珍しく2500発も打ち上げられる。
小さな湾に花火を打ち上げる船を出して、海上から花火が上がる。
周りはぐるりと山だから、その音が響いてすごい迫力なのだ。

e0007955_2218457.jpg

親友が勤めを終えて会いに来てくれた。
絶好の場所に陣取って乾杯!この料理は友の妹の手作り。ありがとう!

アジの洗い(新鮮なアジの刺身を氷水で締めたもの)が美味しい♪

頭上で花火が上がる。天から火の花が降ってくるよう。
思わず手を上げて受け止めたりする(笑)
すごい、すごすぎる~ 感動感動。

花火が終わればそこら中に残骸が落ちている。ビールの中にも(爆)
ああ、本当に故郷はいいね。
涙が出そうだわ(*^-^*)
[PR]

by yumita6 | 2009-08-20 22:23 | 銀の星・・・大切なもの
2009年 08月 19日

帰省・第1日

12日の羽田、私の便はお昼なので混雑はそれほどでもない。
今年は松山空港からレンタカーを借りて、1週間それを足にすることにした。
1000ccクラスを予約したのだが、なぜか同じ料金で2000ccの車になった。
(みなさん価格重視 だよね!)

ナビ付き、ETC付き、12日昼から18日朝まで¥29,800(*^-^*) 安くない?
e0007955_13264116.jpg

四国も徐々に高速道路が延伸して便利になった。
2時間ほどで懐かしい故郷に到着!
「帰ってきたんだ。。。」
故郷の海は穏やかな湾になっている。
今も変わらないなぁ・・・子供の頃のままだ。

豊かな緑、青い海、故郷の空気と風景が自分の記憶を呼び覚ます。

e0007955_1338258.jpg

妹と弟も帰省していて、もう翌日は自宅に向けて出発するという。
今晩しかないね!
ということで、久しぶりに乾杯( ^^)/\(^^ )となった。
「焼き鳥」は自分で焼いて食べるというスタイル。
しかし、150本は頼みすすぎだろ~(爆)>妹よ

e0007955_13412458.jpg

[PR]

by yumita6 | 2009-08-19 13:43 | 銀の星・・・大切なもの
2009年 08月 10日

帰省

5年ぶりに帰省します。12日から1週間。
会社合併で新会社になり夏休みが半強制的に設定されている。

正直ここ2-3年とても忙しく、会社も夏休みがないこともあって
「お盆」という言葉も忘れかけていたような気がする。

ふるさとは遠くにありて思うもの・・・
いつも忘れたことはないけれど、仕事を言い訳にして帰らなかった。

高校の英語の恩師とは「文通」が続いていて。
「父母のために帰れ」と毎年言われてきたが、今年は迷いなく飛行機を予約していた私でした。

そして・・・高校卒業以来、先生にお会いできる事になった。
とても楽しみにしてくださって、わざわざ地図も送ってくださる。
車で先生の自宅まで走る私を、心から気遣ってくださる。ありがたいことです。

e0007955_2228562.jpg


「必ず車を降りて電話しなさい」
はい。
いつまでたっても、先生には逆らえない(^.^;

16日の再会が楽しみだ。安全運転しなきゃ。
今も続く、英語への興味を開いてくださった先生。
しっかり話してきたい。写真も一杯撮って!!\(^O^)/
[PR]

by yumita6 | 2009-08-10 22:39 | 銀の星・・・大切なもの
2009年 08月 02日

花火っていいね

8月に入ってもスッキリしない梅雨のようなお天気が続く。
今年の夏はもう終わったな!(笑)

そんなジメジメを吹き飛ばしてくれるのが花火大会だ。
今年は久しぶりに会場の近くまで電車でGO!o(^o^)o
e0007955_1723996.jpg

横浜のみなとみらいのビル郡の前で花火が上がる。
19時15分開始、2時間前には「穴場」といわれている公園に陣取ります。
ビールはキンキンに冷やして持参、おつまみも適当に。
始まる前からピクニック気分で楽しいったら♪

涼しくて汗もかかない絶好の気温なのですが、風がない。
風がないと花火の煙が流れず、花火の美しさが半減してしまう・・・
と言ってもヘボ写真家の私なので、結果にはあまり関係ないのですが。

e0007955_178030.jpg

e0007955_17163988.jpg

本当にヘタです。なりゆきまかせです(-_-;)

8000発の花火があがったというが、みんな美しい!
「オーー!」「うわぁーー!」「キターー!」 言葉にならない叫びの連続です。
人間は単純です。美しいものには素直に感動しますネ(笑)

すぐ後ろはマンションの林だけど、駅からも近い。
公園は草地の他にデッキやテーブルもあって、対岸は港の夜景。
夜のデートスポットとしても最適!かも。
e0007955_17253093.jpg

[PR]

by yumita6 | 2009-08-02 17:27 | 銀の火・・・まいブ~ム