<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 29日

台風でもGO!

あーー台風来ちゃうよーー(´ヘ`;)

土日はバッチリ台風日和、まったくね。
飛び石前半を選んだ笠間はきっと泣いてるだろう。

 (笠間観光協会HP)
稲田石材商工業協同組合

私だって冷たい雨の中、外をうろつくのはイヤだ。
でも過去にも2回くらいあったような気がする。
寒くてあんこう鍋の行列に並んだっけ・・・
しんどかった事の方が割と人間の記憶に残っているもんだ。

行ったらそれなりに楽しい事もあるだろう。
今年は何に出会えるだろう?

月曜日は晴れる予報だし!まっ、いいか。
早く台風が通りすぎますように。
[PR]

by yumita6 | 2010-10-29 13:54 | 銀の土・・・やきもの
2010年 10月 24日

キックオフ

今年もスキーのシーズンが始まった。

最近私の通勤は、必ずと言っていいほどスキーツアーのパンフレット持参だ。
毎日退屈で苦痛な通勤時間も、このパンフレットを見ながらだとあっという間に過ぎていく。

私はスキークラブに入っていて。
・・・と言っても技術やスピードは関係ない、「安全で楽しく」が基本のクラブだ(^^;
3月までの期間は幹事が2泊3日でスキーを企画して、日程が会えば一緒に行くというパターンとなる。

そのクラブのキックオフが横浜であった。
e0007955_15194058.jpg

出席率は約80%、今年もワクワクしながらこの日を迎えた。

発表されたのは8本のツアー。
最近暖冬で雪に泣かされるゲレンデが多く、ツアーも1月中旬までは白紙だ。
このままでは北海道でしか滑れなくなるときがくるのではないかと、密かに心配している。

とにかく、今年も始まった。
私は毎年3本選び、結果的に2泊3日×3回の「温泉」を味わうことになる。
体を動かし温泉に入る、そしてその後は乾杯( ^^)/\(^^ )と決まっている。

一石二鳥どころか、一石三鳥の冬なのだ。
そしてこのときとばかり有給休暇の消化に励むのだー(^o^)o
e0007955_15315850.jpg

[PR]

by yumita6 | 2010-10-24 15:34 | Ski Ski
2010年 10月 20日

笠間と益子

秋のイベントが近づいてきた。

いつも笠間がメインで遊んで、それから益子にも必ず行くようにしている。

それが、今年は日程を確かめると・・・!

笠間:10月30日~11月3日

益子:11月3日~11月7日

となっていて、全くズレていることが分かった。
11月3日を挟んで、どちらでもいい飛び石休日となるんだよね。

前半か?
後半か?

笠間は茨城県、益子は栃木県。
相乗効果はあると思うのだが、それぞれは独立していてそれぞれの事情もあるのだろう。


残念だなー(^.^;
せわしない月末を避けるのなら月初がいいかも。


陶器市独特の熱気はないかもしれないが、益子も笠間もいつ行っても変らない焼き物の町。
違う雰囲気を感じられるかもしれない。

ま、仕方ないです。
私はもう年休予約すみなんで。
[PR]

by yumita6 | 2010-10-20 20:55 | 銀の土・・・やきもの
2010年 10月 12日

13人の刺客

             (13人の刺客・公式HPより画像引用)
e0007955_21234682.jpg

最近邦画をよく観ているが、忘れないうちに。

この映画を観たいと思ったのは、役所広司がTVCMで
「お命、頂戴つかまつる!」と言っている緊迫感に動かされたのが、唯一の理由だ。

凶暴な主君、どんな上司でも部下は仕えなければならない。
それを達成する事が当然だった世の・・・うなりながら下唇をかみ続けた映画。

役所と市村正親の最後のシーンはさすがだった。
それから凶暴というか、精神を誤って育てられた稲垣吾郎の君主役は当たりだろう。

・・・そんな細かい事はどうでもいいような、魂のぶつかり合いがある。
自分の命を預ける事が、この現代にあるだろうか?
自分の死を賭けてまで守りたい正義に立ち向かった事があるだろうか?

ムリだ。

・・・
だけど、13人は命をかけたということだ。

「死」
死に対する思いが、現代とは全く違う。

この映画の最後の50分は切り合いと言われている。まさしくそうだ。
だが、その切り合いも最後の数分のためにあると言っても過言ではない。

見ていて苦しくなるような映画だが、見たことは後悔しない。
そんな映画だ。
[PR]

by yumita6 | 2010-10-12 21:45 | 銀の月・・・おもうこと
2010年 10月 10日

キャタピラー

3連休の中日に観てきました。(キャタピラー公式HPより画像引用)
e0007955_23262751.gif
             
淡々と観て淡々と終わったというのが観想なのか。
神経戦で少し辛くなるときもありましたが。

キャタピラーとは、この映画の中では、あの戦車の回転する車輪ではありません。
「芋虫」のこと。

茂子の夫が戦争から帰ってきた。
四肢を失い、「軍神」としてあがめられる。
この夫の極限の精神、それからその妻である茂子の苦しみ。

出征を見送る茂子の顔が複雑だ。悲しいでもなく、潔いでもなく。
この妻はこの夫を愛していたのか?と思わせる。

芋虫。
ごろごろ。

立場は逆転して、夫のすべてを茂子が握る事になる。

国のためにすべてを投げ出す心、戦争という名の美化、男と女の心、本当の平和とは。
・・・・・・
戦争がおわり、夫は軍神から人間に戻る。
・・・・・・

日常を描いていながら、映画の中は重苦しい。
あたりまえの「食べて」「寝て」という行動が重い。
終わっても「元ちとせ」の歌が重くのしかかる。
戦争はイヤだ。普通がいいい。

過去のスクリーンに気持を落ち着かせながら、この生々しい映画を別世界で見る。

R15だが、いやらしさのカケラもない。
こちらもスクリーンに向き合う気合いが要るだろう。

・・だけど、ちょっと疲れた(^^;

ちなみに今回鑑賞者8名でした。
今年のベルリン映画祭で、寺島しのぶが「銀熊賞最優秀女優賞」を受賞した。
快挙!!
[PR]

by yumita6 | 2010-10-10 23:50 | 銀の月・・・おもうこと
2010年 10月 08日

黒龍・いっちょらい

九頭龍・燗酒(自分の記事にTB)

「黒龍」という銘柄は、私が日本酒に興味を持ち本当の意味で飲み始めたころ、
先輩たちの評判が高かった日本酒だ。
この「いっちょらい」始め、黒龍を
何本、いままで何十本?季節ごと、そのクラス毎に飲んできた。

が、飽きない。
また忘れたころ、思い出したように飲みたいと思う。
いつもこの酒に会う酒器を選ぶのが楽しみだ。
e0007955_21502611.jpg

何年ごとであっても、いつ飲んでもその期待を裏切られた事はない。
これが本当の銘酒だ。

どの世界でもそれはいえると思う。
どんな季節に当たっても、何度その評価を重ねても、変らない◎GOOD。
これがどんなに困難か。

たとえば家電、洋服、生活にかかわるすべてのものがそうだ。
品質を守るのはとても難しい。特に口に入れるものは手を抜けない。
[PR]

by yumita6 | 2010-10-08 22:01 | 銀の水・・・本日の酒
2010年 10月 04日

コタツ出した

強気な事を言っていたら、途端に熱が出てダウンしてしまった。

金曜日の帰り道、風邪薬を買って飲み始めたときにはもう、手遅れだったようだ(´ヘ`;)

・・・本日会社を休んでおります・・・(;^_^A

土日ははずせない会合があり、そこまではなんとか踏ん張っていたのだが、
日曜日は朝から発熱状態。
そのまま送別会に突入、生ビールはなんとか飲めたけど(笑)

風邪くらいで病院にいくのはちょっと・・というバカげた信念を持っているので、
なんとか自力で治したいと思っている。

で、コタツを出しました。
e0007955_1134922.jpg


食事するのも面倒だなーー
ひたすら休んで熱の下がるのを待つだけか。

このコーヒーカップは、笠間に通い始めた頃(10年以上前かな)買った。
大貫博之さん(スタジオoak)のもの。大きい取っ手と、縁の微妙な角度が気に入っている。

最近パソコンで聞ける「radico」が気に入っている。うちにはチューナーもあるけれど、radicoの方が抜群に音がいい。

radicoをBGMにうつらうつら・・・風邪引かないように!
[PR]

by yumita6 | 2010-10-04 11:10 | 銀の月・・・おもうこと
2010年 10月 01日

御湖鶴・生一本

御湖鶴
(2008年自分の記事にTB)

夏の暑さが続いていたのに、急に涼しくなり、結局風邪をひいてしまったらしい。
どんな体調でも、寝込まない限りは一応出勤します。

で。

どんな体調でも、寝込まない限りは一応飲みます。定量主義なので(^^;
e0007955_22283983.jpg

御湖鶴(長野県)は私のお気に入りの酒です。
懇意にしている酒屋さんから紹介してもらって以来ファンとなって、何本も何本も飲んできた。
これはレトロなラベルの生一本。
このラベルは初めて目にしましたが、新鮮ですごく綺麗、気に入りました。

夏に飲む酒なんだろうなー
爽やか過ぎて、私には少し物足りません(爆)
でも、たぶん日本酒を夏に飲むにはこれが最適なんだろう。(飲み込んだ人には少し軽めか)

日本酒は水で割ったりしない、そのまま飲む。
そのままは「原酒」ではないのだが、薄めないで飲むことは飲み手には「原酒」なんだろう。

日本酒は食中酒には少し重いという意見が多数あり、日本酒でも水割りとか、炭酸割とか
いろいろ試されている。
私はこだわらない。
その人にとって一番美味しい飲み方で飲めばいい。そう思います。(割って飲んだことはないけど)

この御湖鶴はそのまま飲むのが一番。
夏でも爽やか重くない、あーもっと早い時季に飲めば良かった。
2ヶ月遅かったかも?

来年もまたチャレンジしよう。諏訪湖のラベルに♪
[PR]

by yumita6 | 2010-10-01 22:12 | 銀の水・・・本日の酒