<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 30日

初すべり♪

蔵王から帰ってきました。
行く前は3日間雪ダルマの予報で、心中穏やかではなかったんだけど・・・
e0007955_1144152.jpg

・・なんというlことでしょう!(^.^; 神様は私たちに微笑んでくれました!
これは樹氷原コース、ここから百万人ゲレンデ~黒姫ゲレンデに向かいます。

スキー場の方の話では、12月25日のスキー場開きから晴れの日は1日もなかったそうです。
そのせいで、リフト沿いの樹氷も溶けず、立木は雪の重みでバキバキ折れています。
27日午前は晴れ、午後から小雪、28日は1日雪、そして29日は快晴でした!
(上々のお天気でしょ♪)

e0007955_1274694.jpg

ここはユートピアゲレンデ。
私は初すべりなので、どんなお天気でもどこを滑っても嬉しくて仕方ありません。
足がムズムズ・・・というか、気持がウズウズ・・・というか(^^;
普段の運動不足にもかかわらず、体は3日間快調でした。
朝から晩まで滑って(休憩はお昼だけ)筋肉痛もなし。好きだなー!まだまだスキーは飽きません。

むかし泣きそうになったクレイジートラバースもOKでした。
3基あるゴンドラ、ロープウェイにはすべて乗り、ほとんどのコースを制覇。
行列はナシです。
スキーを始めた頃に行った時は、早朝から整理券を発行するほどの行列、2時間ほど待ちました。
あの人たちはどこに行ったのでしょう?(笑)
スキー場の方の発言・・「悲しいほどに人が来ないです」と。あれは昔むかしのお話になってしまったようです。
e0007955_12153761.jpg

今回滑ってみて初めて蔵王全体が把握できました。
いいスキー場だと思います。
頂上にはお地蔵さんとモンスター、1本道のざんげ坂、個性あるゲレンデと上質の雪。
町には温泉、今回の宿はゲレンデサイドの「タカミヤビレッジホテル樹林」でした。
ホテルは少し古いようですが、キチンと清掃されとても清潔感があります。
天然温泉が素晴らしいです。従業員も気持ちよく食事も工夫されていてとても好評でした。

さあ、次はどこだ!(^^)
[PR]

by yumita6 | 2011-01-30 12:17 | Ski Ski
2011年 01月 26日

蔵王へGO!

今年は雪が多い!
やっとやっと初滑りになります。明日から蔵王へGO!
e0007955_2055359.jpg

           (蔵王温泉スキー場HPよりゲレンデマップ引用)
山形蔵王は久しぶり、昔何度か行っています。
スキークラブでも毎年のように企画されるのだけれど、なかなか行けない。
今回は気の置けない友人達と恒例のスキー♪

宿はゲレンデのすぐ横。2泊3日でどことん。
お天気はどうかなーーなんて、まぁそんな事は最後にはどうでもよろしい(^.^;

東京駅から初めて「つばさ号」で。
板はチューンナップ済み、どれくらい変わっているのを感じる事ができるか?

行ってきまーーーーーーすo(^o^)o
[PR]

by yumita6 | 2011-01-26 21:02 | Ski Ski
2011年 01月 24日

朝と夜

朝と夜、毎日見る景色ですが。

今日はなぜか4時に目が覚めてしまった。
起きてすぐに思うのは仕事のことだ、なぜ??(・・;)
あれこれ細かい事を思う。今日出すであろうメールの文章も頭に刻み込んでしまう。

どうせ時計は5:20に鳴るんだし、新聞も来たから起きてしまえ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は朝はしっかり時間を取らないと1日気分が悪い。
でないと、会社に行ってからもモヤモヤしている(笑)
だから、起きてから出発までに1時間半以上時間を取る事にしている。
バタバタするのは、自分の性格としてダメなのだ。

ゆっくりコーヒーを入れて新聞を読んで、TVはながら。


毎日お気楽に生きている私だけれど、ここ1年半は朝だけはしっかり起きている。
本当は起きたくないよ。

・・・だけどね、駅に行くと、たくさんの人がいる。
私だけじゃない。私が起きる時間に出勤している人もたくさんいる。

なんだろう(-_-;) みんな頑張ってるんだ。
だから私も駅まで歩く。もっともっと早い人はたくさんいる。
駅に行く道で、私とすれ違う人もいる。会社の帰りだよ。お疲れ様です。

朝、行く道は暗い。
夜、帰る道も暗い。

1日は長いのか短いのか、分からない。
そんな1日の繰り返し。明るい空を見ない1日。

こんな日がいつまで続くのか・・・サラリーマンはみんなそうなのか。
[PR]

by yumita6 | 2011-01-24 20:45 | 銀の月・・・おもうこと
2011年 01月 23日

新年会

同級生と新年会
(2010年2月 自分の記事にTB)

昨年同様、同級生と遅い新年会を。
今回は庭がライトアップされてしっとりと落ち着いたお店に決まりました。
ここはお豆腐と湯葉の料理店。肉食系の男性にはちょっと物足りないかもしれないけど、
個室でじっくり話せる環境は抜群です。

ヘルシーなおまかせ懐石を。

あった瞬間に田舎言葉に(^.^;
バイリンガルな私たちになっています。故郷の言葉は温かい。

年々経験を積んで、面白く楽しくなっていく人生。
一度きりしかない人生だもんね。もう何が来ても恐くないでしょ!)^o^(
友はありがたい。いつも優しく見守ってくれる。

これは頂いたチョコ。昨年同様、陸上部の友から♪ ありがとう!
e0007955_1241839.jpg

[PR]

by yumita6 | 2011-01-23 12:06 | 銀の星・・・大切なもの
2011年 01月 20日

八仙・槽酒

e0007955_21285867.jpg

槽酒(ふなさけ)とは?
日本酒を搾るときに、小さな舟の形をした木組みの型にもろみの入った袋を乗せて、
酒が自然に垂れてくるのを集める方法があるのですが・・・

その袋から自然に垂れてくる酒、ふなくちの酒という言い方をします。
無理に加圧しない、自然の重みで酒が搾られるという。

新年1月すぐに飲んでしまいました。

この槽酒の特徴はフレッシュ、甘い、とにかく活きがイイ!当たり前ですが(;^_^
「くるみや」さんのHPに詳しく出ていますので見てください。


ぐいのみは、笠間の宝野達哉さんのもの。
宝野さんは、5月ひまつりの時はなぜか益子にいる。そして秋の匠のまつりには笠間にいる。
自由人の宝野さんの器に出会ったのはキャラリー桜だったが、何年も本人には会わずじまいだった。
それが数年前益子のテントに居たのを発見(笑)

これはB品として売られていたぐい飲み。800円でした。
ちょっと色が気に入らなかったとのこと。正品?は2:::円だったかな。
赤は気持が晴れるので、気分を変えたいときに使っています♪
[PR]

by yumita6 | 2011-01-20 21:56 | 銀の水・・・本日の酒
2011年 01月 16日

Mother and Child

邦画のタイトルは「愛する人」という。封切の15日、見てきました。
e0007955_20274158.jpg

        (「愛する人」公式サイトより画像引用しました)

14歳で子供を産んだカレン。
子供はその日に養子に出され、それからカレンの長い毎日が始まる。
37年間・・・見えない娘に書く日記。報われない後悔の日々、外に心を開けない頑なさ。


一方、母を知らずに育った娘の孤独は計り知れない。
自分のみを信じ、生涯子供を持たないと決める。

しかし、予期せず子供を持って初めて「母」を意識し、その想いが交わろうとするが・・・


この映画は、いくつかの家族のストーリーが凝縮されている。
それが紡ぎあって一つの映画を構成している。
特別の効果やCGなどは一切使用しない、人間の心を短い言葉でも丁寧に描いている。
本来「映画」と言われていた世界がここにある。

母と子、無条件の愛、家族のぬくもり・・・

カレンの表情が豊かだ。
堅い表情がどんどん柔らかく優しくなっていく。人は人の愛によって変わる。


私は毎日どんな顔をしているのだろう?
愛を感じて生きているのか?(^.^;
誰かを愛する事を知っているか?そして人に愛を注いでいるか?

「愛する人」は母と子の物語だけではない。愛する人を大事に思いたい人へ、観て欲しい映画だ。
[PR]

by yumita6 | 2011-01-16 20:55 | 銀の星・・・大切なもの
2011年 01月 13日

豊盃・直汲み

豊盃・直汲み
(自分の過去記事にTB)

いい酒とは。
また何度でもこの酒を飲みたいと思う満足感。
e0007955_22165352.jpg

これは何度目か、忘れた回数ほどの「豊盃」直汲み・特別純米・無ろ過生原酒

私は、発泡酒はシャンパンも含めてあまり好きではない。
これは全く微妙な発泡加減です。
もちろんフレッシュ!この上ない。新年にふさわしい酒だと言えるでしょう。

食中にはちょっと甘いかもしれないけど。
どんな場面に最適かというと、食前か食後ですかね。
でも私の場合、100%飲むときは食中なのでそんなこと関係なく食中なのですが!(爆)

食べるものにもよるんだろうなぁ。
日本食にもOKだけれど軽い洋食にも最適な感じがします。

ぐいのみは、笠間に通い始めの頃買った根本達志さんのもの。
青銅器のような風合いが気にいって、今でもよく使っています。
もう10年くらい前なのかな・・・

日替わりでぐい飲みが違うだけでも、違う美味しさ&楽しさがあります♪
[PR]

by yumita6 | 2011-01-13 22:28
2011年 01月 09日

お年玉

(雪が降る)手袋を買いました
(2010年2月・自分の記事にTB)

一冬で、手袋がダメになってしまった。
左手人差し指の先に穴が空き・・一応目立たないように縫ったんだけど、またそのうちダメになった。

手袋は必需品。新年セールが始まったので、自分へのお年玉で買ってしまった。
そして、これはオマケの衝動買い。
卯年にちなんでラビットの帽子。
e0007955_17242383.jpg

私は不器用なので、ヘアスタイルなどテキトーに流してしまう。
そんな時に便利なのはこんな帽子かも?

一旦かぶったら、髪はペシャンコになる(・・;)
そして、そして、脱ぐことができなくなるのだけど!!ま、いいか♪
[PR]

by yumita6 | 2011-01-09 17:28 | 銀の月・・・おもうこと
2011年 01月 08日

KAGEROU

自分では買いたいと思わなかったこの本ですが、読んだ同僚が貸してくれました。
e0007955_14414676.jpg

水嶋ヒロが俳優業を休止し、本名で作家としてデビューした初の作品。
帯に「人生を賭してまで」とあるが、ちょっと違和感がある。

236ページですが、開いてみると1ページ14行、周囲は2-3cmの余白という白さ(^.^;
文字がデカイ、あっという間に読めるボリュームである事だけは確かでしょう。

内容に関して・・・いろいろ評価はあるようですが、
私の率直な観想は、一言でいうと「浅い」ということ。

テーマは面白いと思う。でも素人から見ても文章はまだ未熟だ。

彼は26歳、人生の長さから言ったら今走り始めたところだろう。
もちろん26歳の若者としてはしっかりとした人なのだろうし、きっと頭のいい人なのだろうネ。
だけど一旦小説と名がつけば、どんなに有名だろうと、どんなに若く、イケメンであろうと関係ない。

ポプラ社の小説大賞はそんなご祝儀相場のような賞ではないよね。

これが大賞を受賞するのなら、日本中がポプラ大賞だらけになるのでは!(*^^*)

しかし逆に、こんな感じの「小説」がこれからは売れていくのか?・・
こんな感じの小説しかこれからは売れないのか?(そんなはずはない!)
と一瞬想像したら寒くなってきた。

すぐに読めてしまう。軽い、そしてすぐに忘れてしまう。
そんなKAGEROUのような小説が。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
この初版の特徴、というか面白いところ。
刷り上ったあと最後のページに大誤植発覚、出版社総出でシール貼りをして修正したという。
どんな誤植だったのか、という事もすぐ分かるが・・そんな面白さを楽しみ?にして、
まあ話のネタにするものいいかもしれない。
図書館で借りられるのはまだまだ先になりそうですが、一刻を争って買う本でもない気がします。

[PR]

by yumita6 | 2011-01-08 15:26 | 銀の月・・・おもうこと
2011年 01月 02日

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。穏やかなお正月です。
e0007955_13194717.jpg

元旦の初詣。人のいない午前中に行こうと思ったのだが、いないってことは・・ないよね(笑)
しっかり時間差の入場制限されていました。
境内に入っても交通整理でゆっくり新年の思いをめぐらせるような余裕はない。
「二礼二拍手一礼」に気をとられ、えーーーと何をお願いしたのか、あわただしかった!

人類の平和なんて、宇宙戦艦ヤマトのようなテーマになっちゃった。あとは健康です。それから少しの幸せと。
だいたいの所、人間切羽詰まるとこれくらいのお願いしか浮かんでこない(^.^;

新年から欲張ってはいけません。
初詣に来ているという事は、間違いなく幸福なのですから。

帰宅して午後のおせち。
契約違反で全額返金なんていうひどいおせちがあるらしいが、私のほうは被害ありません(*^^*)
いつものように田舎の父母へも高島屋から送って、たいへん好評でした。
e0007955_1336393.jpg

これもささやかな幸福かな♪
今年もいい年でありますように、カミサマお願いします!!
[PR]

by yumita6 | 2011-01-02 13:39 | 銀の月・・・おもうこと