銀の道

ginway.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 30日

福島原発・吉田所長が入院退任

なんともやりきれない事になった。

11月28日、震災直後からずっと陣頭指揮を執っていた吉田所長が入院し退任した。

心配です。

新聞は「定期健診で病気が見つかった」と書いているが、私は信じていない。
そんなまったりしたものではないことは想像できる。

テレビでも何か・・・体の不調が感じられたこともあった。
今回病気で現場を離れることは、ご本人が一番残念だろう。


「死ぬだろうと思ったことが数度あった
という過去の発言には、現場の詳細は語らなくても重いものがあった。


素直に「お疲れ様でした」と言いたい。
そして「ありがとうございました」と言いたい。

回復をお祈りしたい。
[PR]

by yumita6 | 2011-11-30 06:25 | 銀の月・・・おもうこと
2011年 11月 26日

ステキな金縛り

三谷幸喜監督作品「ステキな金縛り」を観てきました。

殺人事件の裁判の証人が落ち武者の幽霊・・・
あまりにもアリエナイ設定に、とても期待できない!と勝手に思っていましたが。
e0007955_13363949.jpg

        (公式HPより画像引用しました)

深津絵里の弁護士はちょっとわざとらしい。

幽霊は西田敏行、素晴らしい!
この人でなければあの役はできないだろう。

そして敏腕検事は中井貴一。こちらもさすが。

幽霊が見える人と、見えない人がいる。
この設定がこの映画の面白さのすべて(*^_^*)


面白い!
泣ける!

無実の罪を晴らそうと幽霊と弁護士が奮闘する。
そしてしっかり自分の道を歩き始めた彼女に起きたことは・・・

今まで何本か三谷作品を見てきたが、これは今までの最高傑作ではないか?
おすすめです。文句なしに楽しめます!
[PR]

by yumita6 | 2011-11-26 13:51 | 銀の月・・・おもうこと
2011年 11月 24日

無主物ってなんだ?

無主物=所有者のない物=誰のものでもないもの
野生の鳥獣、魚介類などがこれに当たる。

朝日新聞が「プロメテウスの罠」というタイトルで、原発関連の連載記事を書いている。
私は毎朝読むのを楽しみにしているのだが、今日の記事は「無主物の責任」・・・

福島県のゴルフ場が東京電力に対して、コースの除染を求め裁判所に申し立てをした。

そこでの東電の言い分は
「原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない」
「放射性物質はもともと無主物であったと考えるのが実態に即している」

(記事より引用)

(-_-;)(`´)よく言うよー!

煙や音でさえ損害賠償の対象になる今、人を殺しかねない危険物質を「無主物」とは!
詳細は分からないが、その考え方ってオカシイでしょ。
言葉になって文字になると余計腹が立ってくる。
たれ流すなよ!<`ヘ´>


今はもう、単に一企業の問題ではなく、国家、世界の問題なんですぞ。
今後何十年何百年と迷惑をかけ続けること確実なのにー!

除染についてはノーコメントですが、もっとしっかりキッチリ反省しなさい。
「自分が原発の被害者だったら」の立場に立ってものをいいなさいよ、と言いたい。
[PR]

by yumita6 | 2011-11-24 15:08 | 銀の月・・・おもうこと
2011年 11月 21日

雨の笠間へ

渡部源土さん個展へ
    (自分の過去記事にTB)

ひどい雨の一日。
北海道札幌に移転した渡部源土(佳文)さんの個展案内をいただき、笠間に行ってきました。

友部にいらっしゃった頃は、毎年ひまつりでお会いしていつも温かく迎えてくださっていました。
3年ぶりにお会いするのも楽しみで!

e0007955_2191159.jpg

e0007955_2193457.jpg


佳文さんは変わっていませんでした。
でも、北海道は「やきもの」に対する考え方が違うという。

笠間益子はやきものの地、地域全体が生まれた時からやきものに囲まれている。
やきものを育てて行こうとする気持ちが大きい。
そんな文化がある。作家さんたちを愛する土壌がある。

だけど競争も激しい。(きっと)
削られ磨かれたたかれる、優しい「かわいがり」の環境もある。(きっと)


・・・北の大地は厳しいでしょう。
羽ばたいてほしいです。
e0007955_21192026.jpg


北海道がモチーフの陶板、大きいお皿(裏は遊び心満点)。
羽ばたく鶴にも見えます♪頑張れーー
[PR]

by yumita6 | 2011-11-21 21:23 | 銀の土・・・やきもの
2011年 11月 17日

11月12月

今月から来月年末にかけて・・
かつてない波が押し寄せています。

お世話になった方、懇意にしてきた方、いろいろお別れになります。

もう始まっていて、忘年会とも重なって、平日も関係なく予定が入り、
・・体も心もクタクタというかグダグダになる予感(・・;)

それ以上にお財布がパンクしそうです。
どうしようもありません(>_<)


自分の上司を送り出す、大事な役目も負っていて。
カレンダーはつぶれてつぶれて。。。はぁ。

こんな年はたぶん、もうないでしょう。
声がかかるうちがいいのかな。ありがとうございます。
体力気力はあきらめることにします。


12月21日からは初滑り!を楽しみに♪(><)
[PR]

by yumita6 | 2011-11-17 21:27 | 銀の月・・・おもうこと
2011年 11月 14日

オリンパス

オリンパスの会社の名前は、
ギリシャ神話で神々が住むというオリンパス山「Mt. Olympus」。
「オリンパス」の社名は、この山にちなんだもの

  (オリンパス株式会社・公式HPより引用)


オリンパスの損失隠しがニュースになっている。
13億ドルというから1000億以上!巨額だ。
想像できない金額なのだが・・・(`´)

それを20年に渡って隠し続けて「いることができた」・・というから不思議だ。
役員も経理も仏像のようになっていたのだろう。
それ以上に監査法人も見て見ぬふりをしてきたか。

オリンパスはもともと技術本位の地味な会社、だといういことを聞いている。
地味でも、その技術力で会社の名の通り、天に輝く地位を築いてきたのに・・・

信用は落ちるのは瞬間。

上場廃止の瀬戸際までくると、誰が想像しただろうか?
会社を守ることの意味、今になって分かっているだろうか?

Olympus Grassroots

草の中から声が聞こえている。

12月14日までが期限。
[PR]

by yumita6 | 2011-11-14 21:22 | 銀の月・・・おもうこと
2011年 11月 12日

上高地で

上高地へ
   (自分の過去記事ににTB)
3日目、旅の終わりは上高地。
前回行ったのは2006年だったんだね。

今日の上高地は冬の入口。全体がくすんでいる。
お天気は曇り、人のまばらな上高地は少し寂しいなー(^^)
e0007955_20351298.jpg

焼岳も少し元気がなさそうだ。

落ち着いてゆっくり歩くのができるのも3回目だから。
前回歩かなかった梓川の反対側を歩いたり、すこしゆとりがあります。
e0007955_20472568.jpg

清水屋ホテルさんの前でお弁当を。
河童の昼飯?そんなネーミングでしたっけ。
e0007955_20433648.jpg

山に食べ物がなくなったとかで、猿がホテルの前まで降りてきます。
かわいそう・・・その原因はなんなのか?


松本からスーパーあずさで帰京までびっしりの「秋」でした。
満喫満喫♪ 
あーあ。あとは何を人参にしようか!(笑)
[PR]

by yumita6 | 2011-11-12 20:49 | 旅・・・どこか遠くへ
2011年 11月 09日

黒部ダムへ

信じられないことに、アルペンルートというのは、この冠雪の立山をブチ貫きます。
そして黒部ダムへつながります。
e0007955_21213242.jpg


・・・こちらから・・・

e0007955_21521844.jpg


こちらへ。

ウソのように山を貫いています。

黒部ダムは落差545m。
正式には「黒部川第四発電所」通称「くろよん」です。

改めてこのダムの偉大さを実感しました。
信じられない偉業です。
多くの人がみ柱になられたと。171名。

手を合わせつつ、ダムの階段を登って登って・・全体が見える高さまで階段があります。
e0007955_21301443.jpg


実は私は高校の時に修学旅行でこの黒部ダムに来たのでしたが・・
その時はダムより団子で♪(爆)

今回はじっくり感じながら見渡すことができました。
是非一番上まで上ることをお勧めします。
破砕帯の水も途中で飲むことができます。(本当にいまは極楽です)

ダムの駅から長野県・扇沢まではトロリーバスという電車のようなバス、バスのような電車で。

到着!!
e0007955_21344958.jpg


ここまで、ミネラルウォーターはタダ。
ポイントポイントできれいな湧き水があります。もちろん無料。

美味しい水。この黒部の女神です。
[PR]

by yumita6 | 2011-11-09 21:56 | 旅・・・どこか遠くへ
2011年 11月 07日

室堂へ

今回の旅のメインはトロッコ列車ではない。
立山黒部アルペンルートと呼ばれる、富山--長野の通り抜けだ。
e0007955_20415398.jpg


    (立山黒部アルペンルート公式HPより画像引用しています)
NHKの「プロジェクトX」を見た方も、見ていなくても昔から知っている私みたいに、とにかくすごい難工事だったのだ。
   

私たちは富山側から、ケーブルカーとバスを乗り継いで室堂へ。
標高2450m、気温は4度だった。
e0007955_20464671.jpg

この景色に会いたかった!

立山という山は存在しないんだって(・・;)
・・・初めて知りました。連峰の名前なんだって。主峰は雄山、尖がっています。

感動です。
こんなに身近にこの山を感じられるなんて!
ずっと来たかった。この地に。お天気も最高、何もいう事はありません。
室堂で2時間ちょっと散歩したりお弁当を食べたり、みくりが池も鏡のようです。
e0007955_20512093.jpg


アルペンルートはこの冠雪の雄山を貫きます。
よくも、こんな工事を想定して、そしてよくも、貫通できたものだ・・・あの何十年も前のことでしょう。


なにもかもが素晴らしい。
私は夢のような気分でふわふわしている♪

向こうにギザギザの剣岳も見えます。
e0007955_2058207.jpg


私には天上。

  そして・・・もうひとつの立山
[PR]

by yumita6 | 2011-11-07 21:05 | 旅・・・どこか遠くへ
2011年 11月 06日

黒部峡谷トロッコ列車

e0007955_13365675.jpg

晩秋の黒部峡谷に行ってきました。
宇奈月温泉にはいると、こんな街灯が迎えてくれます♪
紅葉情報がずっと気になっていましたが、幸いにもまだまだ残っている感じ。
トロッコ電車の出発駅、黒部峡谷鉄道「宇奈月」駅から鐘釣まで約1時間。

屋根付きで窓はなし、解放感抜群のトロッコ列車です。
お客さんはほとんどがツアー客、紅葉のピークは過ぎたものの4人掛けの椅子が満員。
アルペンルートは車を持っていてもなかなか個人では行きにくい場所でもあります。
e0007955_13543852.jpg

「黒薙(くろなぎ)」を過ぎると、渓谷の一番鋭いところ。
ネズミも登れなかったねずみ返しの岩、で、それを追った猫もまた登れなかったという
「猫又(ねこまた)」の駅周辺はさすがに険しいV字峡谷です。

山のてっぺんまで紅葉、走りながらの景色が楽しいです。
気温は20度くらいあって、風もなし、窓がなくても寒くなく、ただただ快適な1時間!

そして、大きい鐘を伏せたような岩の先「鐘釣(かねつり)」で降ります。

この駅の先、河原を降りると温泉が湧いていて露天風呂になっています。
すべてOPENなので、入浴している人はいませんが足湯手湯でも気持ちいい!
e0007955_14114174.jpg


e0007955_1441358.jpg


どっぷり山の色に染まりそうでした(^.^)
1日目は上々の滑り出し。この時季、やきもの以外のツアーもいいね!
[PR]

by yumita6 | 2011-11-06 14:14 | 銀の土・・・やきもの