<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 30日

飛島へ

島旅(過去記事にTB)

飛島は山形県酒田市沖にある、人口は400人弱(ガイドさんによる)という小さな島。
e0007955_611758.jpg

酒田港から75分で飛島に着く。(フェリーはない)それにしても飛島っていい名前だよね(^^)
鳥海山の山頂が噴火によって吹き飛んで島になったという伝説があるとか。(wiki)


酒田市観光ガイドさんの案内で島内ハイキングに出発!
西側の海岸線をぐるっと歩き、荒崎まで行って島内を歩いて戻る、2時間半ほどのコース。

最近こちらも山歩きで鍛えているので、海岸線は♪♪♪大丈夫。
海の匂い、海岸に出ると濃い海の匂いが懐かしい。
e0007955_6575976.jpg

柱状節理の海岸。ろうそく岩。
e0007955_721065.jpg


まるで人工的なタイルのような石がごろごろ。これが割れて離れてガラスのように見える。
e0007955_6523212.jpg


うーーん、なかなかいい島です。好きですね飛島。自分で歩くのがやっぱりいい。

目的地「荒崎」。
e0007955_745921.jpg

飛島カンゾウが咲き乱れる写真などが有名だ。

こんな気持ちは久しぶりのような気がする!島はいいな。

魚はどこに・・・・
[PR]

by yumita6 | 2012-06-30 07:15 | 旅・・・どこか遠くへ
2012年 06月 28日

羽黒山

出羽三山と、何気なく言う。

今までは・・・1×3(月山、羽黒山、湯殿山)=3山・・・地域まとめて三山と思っていた。
でも今回
3(月山、羽黒山、湯殿山)×1=1(一体)と分かりました。

e0007955_2032132.jpg

羽黒山の三神合祭殿です。三つの社合額がかかっています。

一度に三社をお参りできる。
厳しい自然の中で、合理的に考えられた仕組みなのだろう。重みがありますよ。
e0007955_20375997.jpg

国宝の五重塔。
飾り気がない、重厚な中に優美で強い線があり。
静かな山の中でこんな塔の前に立ったら、人間は何を考えるのだろうか?

梅雨ということもあり、人の姿はまばらです。
熊野古道を思い出しました。
なんか共通の空気があるのかもしれない。と。
e0007955_2041481.jpg

[PR]

by yumita6 | 2012-06-28 20:43 | 旅・・・どこか遠くへ
2012年 06月 27日

湯殿山

雨に降られたのは、出発の日の朝、駅までの道だけ。
あとはこの梅雨の中、晴れたり曇ったり・・上々の旅となりました(^.^)

東北新幹線「福島」駅からバスで、湯殿山、羽黒山へ。
ここも行きたかったんだー!

と言っても、今回は島がメインなのでゆっくりとはいかなかったけれど。

残雪があります。
e0007955_21221212.jpg

湯殿山は、「語るなかれ、聞くなかれ」と言われ、行ったことも見たことも誰にも言ってはならない・・・
御神体は秘密のベールに包まれている。

山そのものが神域、踏み入れることも恐れ多いことです。
御神体にお参りするには、裸足でなければなりません。

もちろん参道から撮影禁止。
手前で靴と靴下も脱ぎます。そしてお払いをしていただいて・・・

そこから先、昔の人が神と思ったのが納得の御神体です。
ガイドさんの言葉を借りれば、「体内に帰る」ということらしいです。
e0007955_21233917.jpg


言いませんーー(・・;)

ご神体は自分で確かめるしかないですね。
湯殿山パンフレットにもそのお姿はありませんでした。

この御神体が眼の前に現れた時、昔の人はどう思っただろうか。
神と崇めるのが当然でしょう。

速足で通り過ぎるのが申し訳ないくらいの湯殿山でした。
[PR]

by yumita6 | 2012-06-27 21:44 | 旅・・・どこか遠くへ
2012年 06月 21日

島旅

いつもお気楽な私ですが、
ちょとしたモヤモヤを吹き飛ばしたくてツアーに乗ることにしました。

日本海の島。飛島粟島へ。

タイミング良く台風が去り、梅雨の切れ間に!
今回もなかなかラッキーな大吉パワーか。

いつか行きたいと思っていた。
思い続ければいつかかなう。

かなえる!のだ!明日出発)^o^(
e0007955_2139222.jpg

  (酒田観光物産協会HPより画像引用)
[PR]

by yumita6 | 2012-06-21 21:41 | 旅・・・どこか遠くへ
2012年 06月 19日

肉食

どちらかと言うと草食系の私ですが、時々は肉も食べたくなります。
e0007955_21233218.jpg


今は、私の行くスーパーでは肉が安くなっていて、
みんなが色々心配するもので、肉の卸値も安くなっているそうです。

こんな時こそ!)^o^(

焼肉屋さんで食べた「ミスジ」とか「ザブトン」とか食べましょう。
塩コショウで焼いてワサビで食べるのが気に言っています。
あとはお醤油で食べる。
美味しい・・焼肉屋さん行けなくなっちゃうくらいです(^.^)

器は今年5月に買った喜多里加さんのもの。
和食、フルーツでも合うと思うけれど、肉にもいいんじゃない?!
いいさいいさ♪

いいですねー華やかに食べられます。
もちろん日本酒も一緒。今回は・・・えー月の輪です。
e0007955_21231056.jpg

片口は笠間の佐藤泰正さんのもの。


草か肉かというより、私は圧倒的に「魚」なのですが・・・!
(魚なら毎日食べても飽きない自信はあります)
[PR]

by yumita6 | 2012-06-19 21:25 | 銀の月・・・おもうこと
2012年 06月 15日

四阿屋山(あずまやさん)

最近山が続いています。
埼玉県秩父の四阿屋山に行ってきました。100名山の四阿山(こちらも、あずまやさん)とは違います。

初めて、池袋から西武秩父線に乗りました。早朝の電車はハイキングの人で満員!
山手線の駅でこんな風景が見られるとは、ちょっと驚き!(^.^)

2時間、秩父鉄道線の「三峰口」に到着。
あんなにいた人は途中の駅で次々に降りて、ここ終点で降りたのは我々の他10名くらいでした。
他の方はどこに行ったのでしょう?(笑)ここ、大丈夫?
e0007955_4551942.jpg


バス亭「薬師堂」で降りて出発ですが、771mと低いのでちょっと余裕です。
菖蒲園をかすめて1時間くらいで展望台へ。
e0007955_4584841.jpg

見える山は武甲山、1304m。みんなあっちに行ったのか!(^^)

向かって左側の斜面は大きく削られていて白くなっています。
ここは秩父、セメントの材料になっているようだ。今も採掘は続いているのだろうか?
名前はとてもCOOLだけど、ちょっとかわいそうになってくる。
でも、「いつか登りたいね」なんて言って頂上を目指します。

それほどの傾斜でもないのですが、汗でびっしょり!
頂上付近はちょっとした鎖場のようになっていて、結構面白かったです。
e0007955_512222.jpg

e0007955_5125271.jpg

頂上は4,5人が立てば一杯の広さ。

下山後はお決まりの温泉。
道の駅に併設された「両神温泉薬師の湯」はつるつるの温泉、入場料は600円。
地元密着らしく、休憩室が充実!食堂のおつまみ&お料理も安くて美味しいです。

帰りは特急券620円を追加してレッドアロー号で帰りました。
ちょっとした旅だよねー♪

三峰口で買ったもの
[PR]

by yumita6 | 2012-06-15 05:38 | 旅・・・どこか遠くへ
2012年 06月 08日

陶の調べ

皿だサラダ
  (自分の過去記事にTB)

今回のひまつりで買ったものです。
e0007955_2195284.jpg


飯沼耕一さんのフリーボール?
私はもっぱら大きいスープカップとして毎日のように使っています。

過去記事では5年間の空白があったと書いていますが。
その間は何かしらん、暴発していたという感じだった。
手に取ることができなかった。

・・・・・
その時を経て
・・・・・
この器は手に取るたびに、違う風景を見せてくれる。
リズム、旋律を感じさせます。回すたびに違う
まるでピアノのように♪
e0007955_21174190.jpg


なかは白い大理石のような風景。
美しいです。1800円でした。

みんなの思いを飲み込んで
時は過ぎます。
[PR]

by yumita6 | 2012-06-08 21:20 | 銀の土・・・やきもの
2012年 06月 04日

やっと会えたね

e0007955_20591065.jpg


今年のひまつりでお会いすることを楽しみにしていた方です。
月下窯の米出康人さん&岡のともこさんご夫妻。

昨年の被災でひまつり出店を取りやめられて、相当なダメージだったと想像していました。
窯を焚いている最中に、あの3.11大震災が起こったとか(><)

上の写真の片口は2007年のひまつりで買ったものです。
お気に入りで良く使っています。ちょうど2合入ります。
しもぶくれでたっぷりとした形が好きです。

その2007年にもぐい飲みはあったと思いますが・・・ぐい飲みは私の手にありませんでした。
そして・・・
2012年今年のひまつりで、右側のぐい飲みを今年GETしました。
見た瞬間に決めました。酒の色も映えそうです。

本当に待っていたかのようにシックリ馴染んでいます。

「やっと会えたね」(^.^)

5年の時間私も嬉しいです。

月下窯さんによると、ぐい飲みは小さいものから売れていくそうです。
??なんで(・.・;)??
で、結果的に、私が手にすることになったのはやや大ぶりの、実に私好みのぐい飲みなのでした。

ピッタリあっています。
片口がうれしそうかな♪
[PR]

by yumita6 | 2012-06-04 21:42 | 銀の土・・・やきもの
2012年 06月 02日

御前山へ

東京都、奥多摩の御前山に登ってきました。
今回は中学時代の同級生と一緒、3人で登るのは3回目です。
すぐに田舎言葉にチェンジ~(^^)

御前山は、奥多摩三山の中の1山、1405mです。
奥多摩駅からバスで10分ほど「境橋」で降りてスタート!
e0007955_21113564.jpg

降りた橋から見ると下はこんな感jじ、水がきれい。登る前からすでに感動しています。

頂上までは2時間半。
新緑の中、滝がいくつかあり、コケ類も本当にキレイです。
e0007955_21205014.jpg

御前山はカタクリで有名(春)らしいのですが、当然もう終わっていて、今日も人は多くありません。

ルートが色々あって、登りのルートは一般向け。
頑張って予定どおり2時間半で頂上につきました。
体は疲れていますが、それ以上に達成感で満たされます。やったー)^o^(
e0007955_21303014.jpg


今日は山もほんわりやわらかく見えます。
富士山も見えるスポットがあったのですが、そんなことすっかり忘れていましたよ。
e0007955_2132355.jpg


Tシャツを着替えてランチもそこそこに下山開始です。休憩30分くらいかな。
下りの時間が読めないのと、夕方から雨が降るかも、という判断。

しかし、この下りがキツかった!
やや健脚向きの急こう配の道を、逆に降りるときのしんどさったら!
まだ初級の山なのですが、今回の下りは三頭山以上・・・・(>_<)

写真を撮れなかった(撮る余裕がなかった!)のが残念・・・
足の指がちょっと痛いーーまだまだ修行が足りません。
2時間くらいでようやく「サス沢山」、奥多摩湖が見えてきました。
e0007955_21405592.jpg


ここまで来たらあとは楽、1時間で道路に出ました。
はぁ~あああああ。つかれたあ。

でも、思っていたより自分が歩けたので満足、少しずつ足が強くなっているのを感じます。

同級生だから遠慮なし、山の遊びは最高のリフレッシュ
また行こうね!!
[PR]

by yumita6 | 2012-06-02 21:48 | 旅・・・どこか遠くへ