<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 29日

丹波天平へ

丹波天平(標高1342m)は「たばでんでいろ」と読みます。
山梨県丹波村(たばむら)にあり、なかなか面白い名前の山です。

女2人の山行(^^)v、奥多摩駅8;35発のバスで出発!
バスは3台増発されていて、ほとんどの方は終点手前の鴨沢で下車して雲取山へ行くようです。
※雲取山は東京都最高峰2017m、日本百名山の一つです。

終点で降りたのは私たち2人だけ(・・;)ふーーん人気ないの?
そんなことないよね、天平だよね・・・きっといい所♪♪ 頑張って行きましょう!
e0007955_822385.jpg

お天気最高、新緑はキレイ、まだ山桜も咲いてます。これは山つつじかな。

最初はやや急登ですが、廃墟の上を過ぎると気持ちのいい尾根道が続きます。
尾根とはいえ尾根が広すぎて行先を見失いそうです、これが「でんでいろ」の由来でしょうか?

・・・誰もいないな(笑)・・・
2時間半の登りで会った人は3人でした。
e0007955_8312383.jpg

ちょうど12時過ぎに到着!
頂上で倒木に腰かけてお昼にします。
珍しくご飯を炊いてでっかいオムスビを握ってきました。美味しいーー♪
私のアンコ好き(*^_^*)を知っている友人が、草餅を持って来てくれてデザート?に頂きます。

いいねえ。ここが天平と言われる理由が分かったような気がします。
緑もキレイ、木が高いです。
e0007955_8403187.jpg


登りの眺望はなかったのですが、サオウラ峠(1415m)を下った所から少し開けてきます。

おお、気がつけば富士山の頭も見えています。
得した気分。
e0007955_8461986.jpg


下りは人が一人やっと通れるくらいの細いが延々と続きます。
ちょっと崩れているところもあって要注意。
2時間で丹波村へ・・・標高差は800m以上ありましよ。

女2人、喋りっぱなし(笑)でした。ストレス解消!
)^o^(また行こうね!

☆☆☆  春とはいえ ☆☆☆
[PR]

by yumita6 | 2013-04-29 08:59 | 銀の火・・・まいブ~ム
2013年 04月 25日

免許更新

e0007955_137294.jpg

5年振りの免許更新に行ってきました!
ずっと警察署で発行してもらっていたので、免許センターは久しぶり・・・

最初にすることは、暗証番号を「2つ」登録することでした。
え、そうなの??(・・;)
もうずっと前からでしたか!

簡単に申請書を記入して、証紙3100円分購入、適性検査(視力検査)に進みます。

「合格です!」
次は写真撮影。ここでこの暗証番号を読み取り機に差し込んで、撮影。

(◎o◎)(ーー゛)
・・・写真、こればっかりは思い通りにならない。

そして30分間の法定講習を聴講、あっという間に終わりました。
安全運転しなきゃ!って気になりますね。

さあ、次はまた5年後)^o^( 頑張らなくちゃ!

☆☆☆ 免許証の条件 ☆☆☆
[PR]

by yumita6 | 2013-04-25 13:37 | 銀の月・・・おもうこと
2013年 04月 20日

郵便物配達せずに隠す

>千葉県の茂原郵便局に勤務していた元郵便局員の女(53)は一昨年10月からの半年間で、
>郵便物約2100通を配達せずに隠した疑いで書類送検されました。

(テレ朝ニュースより記事引用)

もうあまりビックリもしないニュースだけど、郵便局も地に落ちたな。
昔は郵便局には絶対の信頼があって、配達員の方にも強い使命感があったように思う。
郵便物が届かないなんて聞いたこともなかった。
それは昔むかしの・・・昔話の世界になっちゃった。

>取り調べに対して、女は「業務が面倒だった」
>「ダイレクトメールなどどうでもよさそうだと思った」と容疑を認めています。


一軒一軒配達するのは、本当に大変な業務だと思う。
ポストのない家、表札のない家もあり。
(自分の名前を表に出さないのも当たり前になりつつあるのかも)

DMが届かなくても、誰も何も文句は言わないだろう。
全く「どうでもよさそう」なのかもしれない。
が、それは彼女が判断することではない。

それが仕事なら、仕事はきちんとしなきゃ。
2100通の行先で、それを待ちに待っている人がいたかもしれない。

仕事って大変なんだよ。
大変じゃない仕事ってないんだよ。

郵便でも宅配便でも、私は受け取る時には必ず「ご苦労さま」「ありがとう」と言う。
[PR]

by yumita6 | 2013-04-20 13:07 | 銀の月・・・おもうこと
2013年 04月 16日

新宿御苑でお花見

真冬か!お花見
(2010年の自分の記事にTB)

桜は気まぐれ。
年々同じようには咲いてくれない。早かったり遅かったり・・・
今年は早すぎでしょうよ。(泣)
e0007955_21175483.jpg

と言いながらも、その遅さ早さを楽しむことはできる。人間だもの(^.^)

新宿御苑の桜はもうほとんど終わり。八重桜が気合いで咲いている。

北の国から友が来て、お花見の宴となった。
買い出しは、いつもの新宿高島屋。
もう今ではお花見客はいないようで、さすがに地下の食品売り場も空いている。

お弁当は人数分、、ビールも人数分、それにおつまみ、水、ワインにチーズ。
仕入担当も結構力仕事になっている。お花見は荷降ろしまでは体力なのだ。
(ちなみに仕入担当は2名です)

e0007955_2124947.jpg

花はなくとも花見は催行、当たりまえです。
少し咲いている八重桜の下に陣取って閉園の16時半まで・・・
一年に一度の再会もあり、話はいろいろ。。。もう長い付き合いになる我々。

閉園後も場所を変えて乾杯!
花はしっかり、いつも私たちの心の中に咲いています。
八重もきれいだよね♪また来年♪
e0007955_2128634.jpg

[PR]

by yumita6 | 2013-04-16 21:28 | 銀の星・・・大切なもの
2013年 04月 10日

トレッキングブーツ

冬が終わり、最近は自分でもオカシイほど山に気持ちが向かっている(^.^)
山と言っても低山ハイキング程度なのですが・・・

山を歩くのは気持ちいい!
最初は軽い気持ちでトレッキングシューズを買ったんだけど、
やっぱりもう少しガッチリしたものが欲しくなってきた。
それほど重くないもので、安いもの!・・・ということで買ってしまいました。一年落ちのアウトレットです。
e0007955_19293134.jpg

よく行くお店「mont.bell」のトレッキングブーツです。
GORE-TEX テナヤ ブーツ Women's 14.800円でした。安い♪

実はこれを買ったのは理由があって、私は紐結びが子供の頃から苦手です。
これはリールアジャストシステムで誰でも簡単にカリカリとワイヤーレースを締めることができます。
緩めるのもノブをはずすだけ)^o^(

今、履いているトレッキングシューズがこの写真の黄色いの。
e0007955_19364427.jpg


メーカーは違いますが、一世代前のワイヤーだそうです。同じ仕組み。
すっかり慣れてしまって、この手軽さから離れられなくなってしまいました。
下山してお風呂に入るときも、みんなより一足お先に!
こちらも半額以下で購入し6900円でした。もう3年近く使っています。

ブルーのブーツは1つのSTEPとしては少し使ってみようと思っています!

だからどんどん楽しみで、早く使ってみたい。
さあ!山に行かなきゃ!♪♪♪
[PR]

by yumita6 | 2013-04-10 19:42 | 銀の火・・・まいブ~ム
2013年 04月 03日

冬樹

高校野球の決勝があって・・・
残念ながら、応援していた済美高校が負けました!(>_<)
17-1。ですから。 浦和学院には文句なし。悔しいー・・


さて、スキーの最後の名残になりますが、田沢湖のお土産を飲みました。
昨年も買った「冬樹」
秋田県、福乃友酒造さんの地酒です。
e0007955_215343.jpg

田沢湖のスキー場近くの酒屋さんに寄って聞いた。
以前同じお店で「冬樹」を買ったことがあるからだ。

「冬樹という酒はありますか?」

出てきたご主人。

「きいだごどもねえ」(^.^)

わはは。まあ、まあ。
福乃友と言えはもちろん分かったのかも知れないけれど・・ね。

無ろ過、無調整
これが冬樹という酒の特徴、記憶させます。

一緒に買った燻製のお豆腐と一緒に。相性は抜群でしょう。
冬樹、冬樹。スキーに行ったら思い出す。
e0007955_2195659.jpg

飲みごたえあり、バランスよく美味しかったです。また来年!
[PR]

by yumita6 | 2013-04-03 21:12 | 銀の月・・・おもうこと
2013年 04月 01日

松井秀喜さんが国民栄誉賞を

>>1日に政府が国民栄誉賞を授与する方針を固めたことを受け、
>>巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(38)は「ただただ恐縮しております」とコメントを発表した。

 (Yahooニュースより引用)

おめでとう!

と言いたいが、本人は複雑な気持ちではないのかな?
「恐縮」という言葉でしか表せない、彼の戸惑いも見えるような気がする。

むろん。断わることはできない。
彼は人一倍、周囲を思いやることができる人だ。

国民栄誉賞もそうだが、松井さんは名誉や権威からは遠い人のように思う。
それを欲していないから。

たぶん、できれば「避けたい」くらいに思っているのではないか?
私はそう思う。

最近、彼のことを書いた著書を数冊読む機会があった。
それは伊集院静氏のエッセイだ。

彼ら二人は、短い付き合いながらお互いに認め合う存在らしい。

そこから感じることではあるけれど・・・

彼はどう感じているだろうか?

心が変われば行動が変わる
行動が変われば
習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる


これは、松井秀喜選手の座右の銘らしい。


かれは、この受賞も運命だと思うのだろうか。
・・・そう思うしかない・・・

それがきっと松井さんなのだろう。
[PR]

by yumita6 | 2013-04-01 20:44 | 銀の月・・・おもうこと