タグ:焼酎 ( 7 ) タグの人気記事


2008年 10月 05日

ボトルも変わる

ずっとずっと常に新しく。
その時代にあったものになるのはいいと思う。

日本酒だって焼酎だって、イメージが大切。
手にとってもらえないと始まらない。


e0007955_21182055.jpge0007955_21191664.jpg

ブルーボトルは
妹が送ってくれた焼酎。

海からの贈りもの
というタイトルがついている。
原酒で37-38度。濃い!























こっちは日本酒。
「9ナイン
9人のチームで造り上げたという酒。

ウィスキーかワインかと
間違えるようなボトルだ。





























その反面・・・
飲み続けたものとしては、懐古というか復古というか原点というか。
地方発信の地酒としての位置であえて勝負してほしいなと思う。

このボトルでその「蔵の歴史」や「地の特色」が分かるだろうか。

今、あえて
地酒ってなんだ?

飲み続けた買い手のワガママとしてどうなんだ?と思う。
手に取った瞬間に感じさせてよとも思う。

これから地酒は進化してどこに行くのか。

・・・私の気持ちなんて感傷に過ぎない。
立ち止まったままでは先に進めないんだし。

(・・;)(・・;)自分の中で糸が絡んでいる。
[PR]

by yumita6 | 2008-10-05 22:08 | 銀の水・・・本日の酒
2008年 09月 07日

まんまるじゃなくてもイイ!

この夏はどれだけ枝豆を食べたことか)^o^(
その季節ももうそろそろ終わりになる。

最近のお気に入りの器です。

昨年匠の祭りで買った縁のある皿(なんて言う?)は小川甚八さんのもの。
薄くて軽くて強い。
枝豆のグリーンが映えるのでよく使っている。

水割り焼酎の入っているカップは、今年のひまつりでGETしました。
まんまるじゃないです、明らかに違う曲線です。
でもね、この曲がり具合が(^.^;結構手になじむ。

e0007955_1316450.jpg






















OP-陶・大野香織さんの作品。
私がGETした時はこの器はキャンドルを入れるのに使われていた(;^_^A

並ぶ作品の中でこの茜色が気に入ったことと、なにより持った時の感触が良かった。

私が持っている器の中で、一番いい音♪がします。
風鈴のような澄んだ音がする。

穴釜で焼いた器だと聞きました。色もいいけど、器の内側も面白い。
作りがしっかりしていて使うほどに気に入ってしまった。

e0007955_133753.jpg

見た目には売れないものなのだろう。
だけど選ぶのは自分の感性だ。
枝豆も楽しいけど、器を選んで使うのも楽しい。
[PR]

by yumita6 | 2008-09-07 13:53 | 銀の土・・・やきもの
2008年 08月 07日

島美人な夜

宅急便が3日連続で受け取れず、
これはまずい!と帰って来ました。

荷物は青森のメロンです。
昨年白神に行った時にガイドをしてくださった方の自家栽培。

今日も相変わらず暑いけど、夏は暑いものなのだ。
それを毎年忘れて怒ったり、ガッカリしたり、ため息ついたり・・・

暑くない夏が来たら、それはそれで怒ったり、ガッカリしたり、ため息ついたりするんだろう。
人間って勝手なもんだネ(-_-;)

e0007955_2112406.jpg


近くのデパートで焼酎フェアがあって。

おお!これこれ。
島美人だ。

鹿児島のシェアNO.1?と言うから、
地元で長く愛されてきたのだろう。

それだけの理由があるんだろうね~

飲むのは初めて。
















当ブログでコメントを寄せてくださっているkanmyou窯さんも愛飲している。

これは「芋」に抵抗ある人にとっても大丈夫。
私の妹も「芋はくさい」とか勝手な先入観で言ってるけど、
全くそんなことはない。
芋の甘い香りと味、バランスよくまとまっていると思う。

妹よ!芋は美味いのだ!

島美人とは「鹿児島の美人・美しい酒」という意味かしらん。
島美人はおいしくて安い。

女性も男性もそういう人が美しいのだよね!(*^-^*)


もう今晩は♪♪♪♪♪♪知らないよー♪♪♪♪♪♪

e0007955_2122869.jpg
[PR]

by yumita6 | 2008-08-07 21:23 | 銀の水・・・本日の酒
2008年 02月 26日

相良兵六

焼酎は久しぶりだー!

なるべく地元で普通に飲まれている焼酎を飲みたいと思って
注文したのがこれ。


e0007955_23424555.jpg

相良兵六(さがらひょうろく)

鹿児島市内に残る
唯一の酒屋さんだとか。

飾り気のない素朴純朴なラベル、
それがまたいいのです。

ゴテゴテなし、
普段普通に飲む酒に
装飾は不要。


むしろ邪魔(笑)


この普通らしさがたまらない。

もちろん芋、
黒麹で仕込んでいるので
コクがあります。







で、いつものように5:5の水割りにして冷蔵庫で一晩寝かします。
何日かたって今日は完食\(^o^)/

私はもう少し濃くても構わないが(^^;、
それは・・・それ、焼酎のこと水割りで調節できる。

これが日本酒と違うところ。

焼酎もいいね。
日本の文化は深いぞ。

私の場合、一升飲むまで他の酒に移行しないのが
ちょっと・・問題ありかも。
[PR]

by yumita6 | 2008-02-26 23:50 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 08月 18日

農村に嫁いだ嫁はどうなる・・・

明るい農村
(自分にトラックバックします)

イヤイヤ・・・
今飲んでる焼酎の名前が「農家の嫁」
焼酎の名前なんですが。

e0007955_22203958.jpg

昨年飲んだのは「明るい農村」、
これは美味しかった。
芋の香がいい、コクあり甘みあり、
焼酎初心者の私も感激。

で、今年飲んでいるのは
その姉妹品、
「農家の嫁」なんだから。
このストーリー「この先はどうなる!?」
と思うのも当然。

鹿児島県霧島町蒸留所の焼酎です。

この農家の嫁、焼き芋だそうです。
焼き芋だけに香ばしさが引き立つと。

私にはその違いはよく分かりませんが、
この焼酎、なにかその後がありそうです(^^;




さあ!
子供が生まれて、
その子が育って都会に行って
挫折してまた田舎に戻って、
農家に戻りその後焼酎を造ってくれれば
メデタシメデタシなんですが(爆)

そううまくは行かないでしょうねぇ。
色々な意味で今後が楽しみな焼酎です!
酒にストーリー性があるとは、想像していませんでした。^o^
もちろん焼酎としても超おすすめ。
[PR]

by yumita6 | 2007-08-18 22:25 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 06月 13日

座忘

焼酎の名前もいろいろありますね。
さつま無双株式会社さんの「座忘」(ざぼう)という名にひかれて飲んでみました。

e0007955_21551960.jpg



























・・・しばし時を忘れ、己を忘れ・・・

というラベルの言葉にうなづきながら。
まあ、なんと言いますか
自分を忘れてみたかったんでしょうね(^^;

・・・無駄だった(笑)

これはアルコール30度というので買った側面も。
最近は25度で面白くないという人もたくさんいます。
(飲みやすくなっていいと言う人も、もちろん)

私は焼酎初心者、
なんでも「とにかく飲んでみる」事にしています。
何年か飲めば見えてくることもあるでしょう。

感想。
美味しい。芋の香もいいし。
でも、たぶん埋もれてしまうのではと思います。


酒が器を助け、器が酒を助ける:酒器

e0007955_21554717.jpg

今年の笠間ひまつりで買ったもの。
森収吾さんが標榜する「異端の」グラスです。
ガラス質の削り、記憶に残ります。

今年初めてお話した作者は
とてもユニークな楽しい方でした。

秋のおまつりもたのしみ!
[PR]

by yumita6 | 2007-06-13 22:06 | 銀の水・・・本日の酒
2007年 05月 12日

黒糖焼酎・朝日

久々の焼酎です。奄美大島・喜界島の焼酎「朝日」。

昔飲んだときは何がなんやらよく分からなかったけど、
今は黒糖の香も分かる。それからもちろん、黒糖焼酎は甘いです。

・・・そっかー
私もン年たったらちょっぴり進化してるんだねぇ(^.^;
(もっと他のことも進化してほしいよ!)

この焼酎を買った理由の何割かは、
喜界島(キカイジマ)という島の名前に興味があったから。
地理的には奄美大島のお隣に位置している。

・・・むくむくと行ってみたい気持ちが湧き上がってきました。
危険信号かも(-_-;)


e0007955_027136.jpg

このフリーカップは笠間・高野利明さんのもの。
ひまつりでGETしました。
笠間の原土を使った炭化黒釉のやきものですが、写真でみるより数倍いいです。
使ってみると、更にその数倍いい。

いぶし銀の輝きというのでしょうか。渋いです。
笠間の原土は、こんなにいい土です
濡れるとまたいい色になるんだから!
[PR]

by yumita6 | 2007-05-12 00:35 | 銀の水・・・本日の酒