銀の道

ginway.exblog.jp
ブログトップ

タグ:片口 ( 2 ) タグの人気記事


2010年 06月 21日

片口が好き

日本酒は1升単位で買うようになって10年以上になる。
最初はドン!とテーブルに置いていたりしていたが(それも結構気に入っていたが(^^;)
今はそんな事はなくて、大体は注ぎ分けている。

日本酒と言えば徳利を想像する。
私も何本か持っているけれど、最近使うのは片口がほとんど。

その心は・・・徳利は
量が見えない。
色が見えない。
中まで洗うのが大変。

片口を数えたら今16個ありました。
酒の種類やイメージで使い分けているんだけれど、その時々の気持ちを考えたら
まだまだ使い分ける片口が欲しいと思っている。
でもなかなか思い通りの片口には巡りあわないものなのだ。
e0007955_20575466.jpg


これは今年のひまつりでいただいた、山王窯さんの片口。
背高くスリムな第一印象だけれど意外にたっぷり入ります。
中も外も色々な表情を見せてくれて飽きない。

片口でこだわっているのは「キレ」なのだが、申し分ないです。

(キレが悪いとダラダラして雰囲気が台無しになってしまう・・・こともあるんです)

山王窯さんはあまりお酒を飲まないと言っていたが、結構酒飲みの気持ちは分かるのではないか?
この片口の「口」はとても気に入っている。

ぐいのみは益子でいただいたもの。
色みのないものには、ちょっと色のあるものを組みあわせたり気分で。

こんな風に日本酒の
種類・色・季節・重み・そのときの自分の気持ち・・・・と組あわせたら結構楽しめるんじゃない?

陶器もその組み合わせの数だけ\(^O^)/
[PR]

by yumita6 | 2010-06-21 21:09 | 銀の水・・・本日の酒
2008年 01月 05日

ね年の龍勢

新年の酒はおめでたい名前がいいと思っていましたが、
「ね」年にちなむものがなく、龍勢(りゅうせい・広島県)となりました。

e0007955_1591474.jpg


なごみの辛口+8と表示がありますが、
かなりの辛口です。
でもひと昔まえの端麗辛口ではなく、
醇米(純米)辛口とでも言いましょうか。
食中酒として文字通り和めそう。








でも新年の酒としては、もう少しソフトな酒が良かったかな。
冷蔵庫の中にはまだたくさん(笑)あるのですが、とにかくこれで乾杯。

酒器は、日本酒に目覚めたころ友人に頂いた清水焼の片口とぐいのみです。
もう10年以上前になるのかなー、このオチョボ口が可愛いでしょ!(*^.^*)
e0007955_1551058.jpg






























徳利もいいけど、片口もいいよ。片口なら色も香りも楽しめます。
最近は買うなら片口がほとんどになっている気がする。
片口普及推進委員会
[PR]

by yumita6 | 2008-01-05 15:16 | 銀の水・・・本日の酒